こんがり焼あじ

顎人のblog日記。
ネット巡回して集めたニュースやアニメ感想など取り扱いしてました
リンクは全て別窓で開きます
TOPへ
累計: total / 昨日: yesterday / 今日: today リドミ*
コンテンツ
カテゴリー
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
過去の記事
Amazon
アクセスランキング

[ニュース] 6/13(日)「おひさ」

2010-06-13 13:48:41 コメント(0) TB(0)
■ニュース
◆NEC:はやぶさ、7年間の旅 (星の情報.jp)
◆「はやぶさ」帰還日のイベント情報 (アストロアーツ)
◆6/13いよいよ地球帰還へ!「はやぶさ」7年間の旅 (RinRin王国)
◆オカエリナサイ——南オーストラリア・ク−バーペディにて: 松浦晋也... (はてなブックマーク)
 とうとう長い旅路を奇跡を経て帰還。
※関連:探査機はやぶささん ([鬣]たてがみ屋)

◆『ゼーガペイン Blu-ray BOX』発売(藤堂志摩子のAngel Heart Club)
 欲しい。もちろんBD再生環境なんてありませんが。
というか最近アニメどころかテレビ自体ほとんど見てないからのお。

◆新しいゾイドかっこよすぎワロタwwwwwwwwww:ハムスター速報
 ゾイドはアニメでしか知らないんだけどリボライガーのニャンコライガーは可愛すぎるだろう。

◆【2ch】ニュー速クオリティ:7月の金曜ロードショーは4週連続ジブリ【豚→耳→トトロ→猫】
 つまり2ch鯖とツイッター鯖の耐久テストですね、わかります。


■特定アジアニュース
◆2ちゃん的韓国ニュース : ロシア 「まだ一段目を切り離してないのに二段目が点火したら、爆発するに決まってるやろボケ」
 最近、韓国よりひどいところが政権与党になった国があるらしいが。


■動画
◆(ニコニコ動画)スパイダーマン VS スパイダーマッ! (コンビネーションバラエティ)
 腹痛い。ニコニコも久しぶりだからしばらく色々動画見てしまった。


■画像
◆劇場版マクロスF ボディウォーター「シェリル・飲〜む?」新発売のご案内
 上はエロい。外で飲むとセクハラで訴えられるくらい。しかしこの形、そうかオ○ホか。

◆【ねこ】ハメられた!? 二階半開き窓に体を挟まれ必死にもがく白黒猫! 働くモノニュース : 人生VIP職人ブログwww
 とてもいい画像なのはちゃんと助かったからだろうなぁ。

◆面白いgif画像が集まってくるスレ1 / 面白いgif画像が集まってくるスレ2
 オチはジャスティライザーかよw


■雑記
 自分のサイト見てたら1年更新してなく、ニュースは3年半(!)更新してなかったので超久々の更新。
休みに雨が降ってなかったらしなかった。
4時間もかかったよ。もうこんなことは二度としないよ。

消えてるサイトも多いけど、更新続けている人はマジ尊敬。
そしてこのニュースの数からわかるようにリンク全然踏まなくなったYO!
昔はちょっとでも興味ありそうなのはリンク踏みまくって最後の方に見るサイトのリンクは紫ばかりだったのに。


Google 日本語入力は楽でイイね。



[アニメ感想] アニメ日誌 3/16(月)〜3/22(日)

2009-06-01 03:26:45 コメント(0) TB(0)
◆続 夏目友人帳 第11話 「呪術師の会」
 自分以外の力を持った人たちの中でなら安住の地があると思い込む夏目。それはただの逃避なのにね。
夏目ナックルはもはや必殺技の域に達しているな。


◆宇宙をかける少女 第11話 「鏡信者たち」
 家族の中でただ1人事件から蚊帳の外な獅子堂ナミ。これはキツいなぁ。
そして何もすることがないからと出来る家族から疎外感を感じていた秋葉ですら自分のすべきことを見つけて行動中。更にキツいね。
イモちゃんの超絶モノマネに噴いた。バレバレじゃないか。
新たなブレインコロニーであるベンケイ。誰も彼も自己主張が強すぎるね。
ミラー泥棒まとめサイトとこ細かいネタが好きすぎるな、ここのスタッフは。
ナミ以外の獅子堂家の女傑たちの強さはやるべきことを持っている、それだけなのに気付かないからネルヴァルなんかに心を許すハメに。この辺はシナリオ上の都合でキャラが決められすぎている感じ。


◆とらドラ! 第24話 「告白」
 先読みして竜児の言葉を全部完全防御するみのりんに噴いた。
竜児は気づいてないだろうけど今回で一人選んだから二人振っているんだよね。
こっぱずかしさ満点の告白がいっそ清々しい。そして告白からすぐに駆け落ちという結論に至る辺り若いなぁ。


◆CLANNAD AFTER STORY 第23話 「番外編 一年前の出来事」
 何で物語のオチがタライなんだよw
一応来週最終回だけど総集編だしなぁ。


◆鉄のラインバレル 第24話・最終回 「鋼鉄の華」
 城崎の罵りがなくなり覚醒した浩一。こう書くとまるで変態だな。
マキナ殺しに目覚めたラインバレル。森次のセリフが先週からずっと中二病すぎて笑える。
次元刀なエグゼキューターで一刀両断。デカくなった分避けれなかったというオチか。
みんなの力をあわせて世界を救う。正義の味方の力の出し方だよなぁ。奇跡の力で蘇って全員生存。
意外と真っ正直なロボットヒーローモノをやるのは難しいのはよくわかったよ。


◆トミカヒーロー レスキューフォース 第50話 「最終決戦! すべてのビークルを合体せよ」
 壊された○△□のメモリーからバーツ(×)の目的を知ったレスキューフォース。人類が地球を滅ぼす存在というよくあるコンピューターの答えを人間が受け入れることはないよなぁ。
ガンソードか、ナディアで出てきたような十字架型の宇宙船で地球中を攻撃するバーツ。
バリアーで守られたバーツを倒すために全てのビークルを合体させたグレートゴッドストライカーのスーパーファイナルレスキューで攻撃することに。とりあえず付けましたみたいな名称に笑った。
地球存亡の危機なのにレスキューフォースしかネオテーラと戦える存在がいないのは装備が貧弱だからなのかな。
最後の最後で全員がビークルに搭乗しての合体。無理矢理な合体と無茶苦茶な攻撃法に噴いた。
成功率が足りない分は勇気で補うとばかりに吶喊するR1マックス。物語的には良いんだろうけど組織的には駄目駄目だよなぁ。
いらないパーツをチョパムアーマーのように使う鬼作戦に噴いた。最後はドリルが締めるのね。


◆ケロロ軍曹 第255話 「ケロロ 恐怖の大暗黒作戦!/ケロロ 恐怖の大美白作戦!/ケロロ 恐怖の大停止作戦!」
 真っ黒や真っ白、そして時間停止で作画省略。何というかドラマCDでやれ、というようなネタだったね。


◆獣の奏者エリン 第11話 「とびらの中に」
 部屋に入れさせないための脅しでお化けの話をしたのにそれに食いつくエリン。常識とズレている子の扱いは難しいなぁ。
ナツシラセの花の蜜は猛毒だが手を加えると薬になる。知識が母親と結びつくとそれだけで切ないな。
好きなことには鬼のような集中力を発揮するエリン。エリンを縛るには好奇心を沸かせないように理で説くしかないな。
ジョアンの知恵はちゃんとした知識を下敷きにしたものだったのね。頭がよすぎて町を逃げ出したのかな。


◆バトルスピリッツ少年突破バシン 第28話 「J、街ろまんの旅」
 シナリオの合間の間に合わせ回。ホントにそれでしかないな。


◆侍戦隊シンケンジャー 第6話 「悪口王」
 ドジっ娘黄色物語。
有吉のような悪口ネーミングでダメージを与えるアヤカシ。ピンクの一生独身に噴いた。
黄への悪口が全部小学生の悪口になるあたり、小学生レベルなんだなぁ。
いつの間にか黄色と緑のフラグが立っているな。


◆仮面ライダーディケイド 第9話 「ブレイドブレード」
 3種類もの別世界のライダーが1つの画面にいると違和感あるなぁ。轟鬼のギターはキカイダージローに匹敵するカッコよさだよ。
ライダーとアンデットが手を組んでもやることは美人局な税金泥棒という辺り、社長の小ささがわかるわ。


◆ネットゴーストPIPOPA 第50話 「@スクエ!!」
 親バレ正体バレと共に子供達の意識を再確認というのはいい流れ。
完璧な存在なんて神様の世界にすらないのにね。理想郷はないからこそ理想郷な訳だが。
ネットヴィーナスプログラムがなくなったからようやくデフォルメサヤカが見れたよ。デフォルメしても1人だけ重いひかるに笑った。
ゲッターロボなビボバのマスターだからカズシゲ・シュウゾウ・コースケの3人組だったのか。
ちょっと頭のいい人間はどうしてこう極端に走るんだろうね。
ネット世界での直接攻撃は精神力で緩和できるのね。
ネットヴィーナスプログラムでサヤカと花梨、おまけにひかるが大変身! 花梨がエロすぎる。
現実ネット世界で蔓延っているエロサイトをネットダイブして体験してみたいなぁ。


◆イナズマイレブン 第25話 「最後の決戦!」
 決戦のスタジアムは天空城。どんな技術力があればサッカーのためだけにあんなものを作れるんだろう。
という訳でCMでのネタバレ部分にようやく到着。
サッカー愛の戦う雷門イレブン。ゼウス中の怪しすぎる超水。対照的過ぎる。
普通に鉄仮面を被っているキャラがいて噴いた。
ヘブンズタイムで止まった時間を動き、衝撃波で雷門イレブンを吹き飛ばすアフロディ。どうしろという必殺技だな。
皇帝ペンギン2号はいつも可愛いなぁ。雷門の必殺技を全て受け止めるキーパーポセイドン。
次々負傷していく雷門イレブン。やっぱり必殺シュートに絡まない人間から退場なのね。さすがにメガネが出る展開はないと思ったら本当に出てきてすぐさま退場して噴いた。この世界のプロはどうなっているんだろうね。


◆おねがい♪マイメロディ きららっ★ 第51話 「ありゃま!アボガドやばくね?」
 凍らされるときにシェーのポーズを取る昭和世代なきららに笑った。
マイメロママが最終兵器扱いされている現状に噴いた。
無印時代にバク十一郎が活躍できないのは声変わりしてしまったからなのね。


◆ライブオン CARDLIVER翔 第24話 「友情のタッグバトル」
 チーム大空とタッグバトル特訓。
あのアイ相手にタッグバトルの誘いを続ける徹の根性は凄いな。
チーム大空も無敵も紅一点の女傑が強すぎるね。翔とアイのタッグバトルはないのか。


◆機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第24話 「BEYOND」
 イノベイターの定義とか今に来て明かされてもどうでもいいわな。
ルイスを守るために初めて戦った沙慈。戦ったすえに幸せが訪れるかどうかはしらないが。
カタギリが語る平和な世界の方が多くの人類にとって幸せであることは間違いないよな。優れた指導者が治める君主制の方が腐敗した共和制よりいいのは間違いない。一番の問題である優れた指導者というのはイノベイターなら大丈夫だし。
00ライザートランザムと真のイノベイターの力トランザムバーストが戦場を包む。効果範囲はどれだけあるんだ。
刹那が真のイノベイターに変革した切っ掛けがロックオンの遺言だったのね。ようやく今頃気付いた。
一番カタギリが哀れすぎるな。人間らしいとも言うが。
セラフィムのトライアルシステムによってヴェーダとリンクしている全ての機体が停止。ヴェーダ頼みの敵になった今は最高の攻撃だな。
人と人がわかりあえる世界でも戦いはなくならないし、人は変わらないという恐ろしい結論に噴いた。
最後の敵がガンキャノンかよ! 



[アニメ感想] アニメ日誌 3/9(月)〜3/15(日)

2009-05-30 23:12:46 コメント(0) TB(0)
◆続 夏目友人帳 第10話 「仮家」
 滋さんはある程度、夏目が何か隠し事をしてることはわかっているんだろうなぁ。
夏目がカリメに丸かじりされるシュールな絵に噴いた。


◆宇宙をかける少女 第10話 「箱入りの娘」
 舞乙-HiMEコンビはいつか報われる日が来るんだろうか。来ないんだろうなぁ。
箱が「エニグマ」の情報と引き換えに獅子堂家に亡命を希望してくる。エニグマといえば第2次大戦時のドイツの暗号だっけ?
レオパルド関連の単語はセクハラすぎる。ゴールデンジェントルプラグって何だよw
最初に起きた獅子堂とネルヴァルの戦いの頃から姿が変わっていないほのか。コールドスリープでもされていたのか。
箱入り娘と自分という箱の中に世界を持つ秋葉。
生徒会は全てを知っているようで何も知らないのね。思わせ振りな態度なのはネルヴァリストが潜んでいたからか。
ネルヴァルの支配する世界では人間は部品でしかない。箱だからハコちゃん。山崎ハコという名前が脳裏に浮かんだ。
このアニメのテーマは秋葉がそして箱人間が自分の生きる目的を自分で探すことなのかな。


◆CLANNAD AFTER STORY 第22話 「小さな手のひら」
 何という奇跡だと思ったけど、これってゲームによる周回を前提にしているエンドだから仕方ないのか。
風子は色々無敵だなぁ。


◆黒神 The Animation 第10話 「末路」
 この作者はキチガイを描くのが上手いなぁ。


◆鉄のラインバレル 第23話 「死に方が決める生き方」
 今まで好き勝手やって来た加藤機関や石神社長率いるJUDAが正義と言われても違和感しかないな。
シャングリラとフラッグが合体した姿はマクロス7のゲペルニッチ艦(敵の旗艦)そっくりな姿に笑ってしまった。
予想以上の大軍出現で大ピンチの状況に加藤久嵩のシャングリラはグラン・ネイドルに特攻。多少無駄死にぽいのが久嵩に死に際として相応しいのかも。
個としての人間ではなくパーツとしてのマキナ人間。圧倒的戦力さも全て浩一のカッコいいカッコ悪いの判断での正義の味方で切って捨て、そして仲間の魂にも火をつける。これってチャンバラアニメだったのね。
ヒロイン死亡でイヤボーン的にラインバレル覚醒。今の時代に「遂に真の姿を見せるのか」とか超古典セリフを聞くとは思わなかったよ。


◆トミカヒーロー レスキューフォース 第49話 「マーエンの切り札 わなにおちたマックス」
 マーエンさまを動かすコンピューターが遂に最後の1機に。最後の切り札は今までの災害マシーンの1万倍の威力があるスーパーカタストロフスターター。
連続してだったので気付いたけど発進シークエンスと合体のCGだけで結構な時間を毎回稼いでいたんだなぁ。
結果的に判断を誤ったとはいえ石黒隊長はR5で吶喊していた頃に比べて隊長としてだいぶ成長している感じだな。
ファイナルレスキューのエネルギーを利用して起動したのはスーパーカタストロフスターターではなく、6億年前に地球に飛来した超存在。マーエンの姿で男の声を出すのは違和感あるなぁ。
初めての人の姿での必殺技競演。○△□幹部はここでサヨナラか。ホントに終わりが近いのね。
マーエンの正体は地球を滅ぼす人類を消去するためのネオテーラの総裁・頭脳体パーツ。どっかの仮面ライダーで見たな、こんな形のラスボス。


◆しゅごキャラ!!どきっ 第74話 「どっきどきのホワイトデー!」
 キャラ持ちはしゅごキャラがいつも見ているから性に目覚める頃にはキャラが消えてしまうんだろうなぁ、って今回の告白を見ながら思ってしまった。
同じ日に2人に告白されるあむ。イクトも色々大人だなぁ。


◆ケロロ軍曹 第254話 「冬樹 トランクス対ブリーフ/ガルル 密かなる想い!?」
 人は皆ブリーフに帰るということでボクサーが人気なんだろうなぁ。
小野坂さんはこういうキャラの声が似合いすぎるわ。
しかし冬樹は日頃から監視されすぎてて噴いた。


◆獣の奏者エリン 第10話 「夜明けの鳥」
 人治国家では人々が守るのは理不尽だけど受け継がれてきた掟が全てになっていくのは仕方ないことか。
法治国家にするには為政者に相当の努力が必要だからな。
イメージ的にフィクション的な公儀お庭番みたいな堅き楯(セ・ザン)。
エリンの運命に係わるイアルがこれからの軸なんだろうなぁ。


◆ねぎぼうずのあさたろう 第22話 「財布すられたあさたろう」
 あさたろうが女の人に親切にすると鬼のような形相になるこもも。普通にヒロインしてるなぁ。
今まで旅がらすなあさたろうたちはどうやって金を稼いでいたんだろう。
女スリの心を入れ替えるあさたろうの真っ正直さ。とか言う水戸黄門風のナレーションが脳裏に浮かんだ。


◆バトルスピリッツ少年突破バシン 第27話 「ピンクとアマデウス」
 アバンにキイロコとマイサンシャイン登場。3クール以降はダブルヒロインの活躍が増えるといいなぁ。
人が新興宗教にハマるのはマイサンシャインみたいに弱っているときなんだろうなぁ。
何故かみんなでラップ合戦開始。ノリノリなJはカッコ悪いなぁ。
バシンはとうとう自分の色以外のカードを使うまでに成長したのか。
新EDで登場人物が男女3対3になっているのにようやく気付いた。


◆侍戦隊シンケンジャー 第5話 「兜折神」
 殿様の覚悟の違いが他の家臣たちとの齟齬を生んでいるのか。
その内、殿が自分の運命を呪う過去話とかあるのかな。
カブトムシの兜ロボのカッコ悪さに噴いた。メダロットからするとクワガタは剣術型の装備になるのかな。


◆仮面ライダーディケイド 第8話 「ブレイド食堂いらっしゃいませ」
 オンドォル語じゃないブレイドなんてとか思ったらちゃんと滑舌が悪いのも用意してるのね。
株式会社仮面ライダーな世界。ブレイドの初期設定を利用して正義の味方の無償奉仕に対するアンチテーゼとしての設定は面白いのに何でこんなにつまらないのかな。ホントに不思議で仕方ないわ。


◆ネットゴーストPIPOPA 第49話 「オトナタチ@コドモタチ」
 ネットワーク上を自由気ままに飛び回るネットチャイルド、勇太にひかるにカズシゲ。いくら相沢でもそんな子供が怖いのか。
ネット世界を支配するためのオリハルコンを手に入れるためにネット世界を壊すって目的と手段を間違えているな。
ネットワーク壊滅で地上が大混乱で文明消滅したら支配するものなんてないのにね。
3人が隔離されている間、ネットダイブ能力をなくしたサヤカはネットダイブできたシュウゾウ・コースケ・花梨に助けを求め、ドリームフューチャーに潜入して勇太たちを救出。
相沢の心の変化がちっともこっちに伝わってこないのはちゃんと描写すると異能への恐怖になってしまうからかな。


◆イナズマイレブン 第24話 「合宿やろうぜ!」
 最終決戦を前にして特訓やら合宿やら時間があるけど、他の試合のときもこれだけ試合間隔が空いていたんだろうか。
何故か前期イナズマイレブンが作っていたマジン・ザ・ハンド養成マシンで特訓。そんなのあるんなら最初から使ってやれよ。
必殺技は完成しないままだがチームの心は1つになって決勝に望むことに。
決勝はどこから用意したのかわからない天空スタジアム。どうなっているんだろう、この世界。


◆おねがい♪マイメロディ きららっ★ 第50話 「ありゃま!またまたイケメン大作戦」
 マイメロは鼻水もピンクなのね。
って頭巾からこぼれる金髪の巻き髪ということはマイメロは金髪縦ロールだったのか。
クロミの脳内天使がマイメロな辺り、クロミも終わってるなぁ。


◆機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第23話 「命の華」
 リボンズにとって人の体は端末にしかすぎないのか。00ライザートランザムの空間に入るとリボンズの意識はどうなるんだろう。
最初に刹那に倒された炭酸が刹那の登場に喜ぶという皮肉に笑った。どんな戦場でも生き残ったものが英雄だよな。好きな女をかばっての撃墜もガンダムの常だけど、落とされた描写だけでは絶対死んでないと思いたい。
所詮MSなんて宇宙空間じゃ母艦が落とされるとヒモなしの凧状態だからなぁ。
マネキンのツンデレが素晴らしい。
敵味方関係なしに貫く巨大ビーム。これってコロニーレーザーだよね。というかコロニー型外宇宙航行母艦ソレスタルビーイングを作れる人材はロボとクローンでまかなったにしても資材はどうしてもバレるだろうに。
リボンズの主張はやっぱりDCのビアン・ゾルダークの主張とそっくりだなぁ。もし続編が出来たら「人類に逃げ場なし」な展開になるんだろうか。物凄くスパロボと相性が良さそう、というかスパロボに参加させんがためのシナリオに見えて仕方ないわ。
最終戦ということでトランザムの大盤振る舞い。新型機を大量生産でいきなり投入、ってこの世界は出来上がったらいきなり完全なのかよ。
自爆兵器に乗せられるのはクローンだと思うけどどういう教育をすればそんなことを許容する思考になるんだろう。
それぞれ因縁の相手がちゃんと戦うのが物語的ですな。ここで空気読めずにティエリア辺りがルイスを撃墜しても仕方ないわな。
戦いの意義を唱えるのが戦っている人たちという矛盾。まぁガンダムの登場人物に無抵抗主義を持ち込んでも戦いの狂気に潰されるだけだけどな。



[アニメ感想] アニメ日誌 3/2(月)〜3/8(日)

2009-05-26 20:00:34 コメント(0) TB(0)
◆宇宙をかける少女 第9話 「Q速∞」
 9話でQで番外編燃えろ、QT!!。突っ込んだら負けなんだろうなぁ。
どの世界でもセクハラ全開なレオパルドに噴いた。
しかしまぁドラマCDかDVD特典でやれという内容だよなぁ。
ただの劇中劇じゃなくてこのQTの扱いが本編にも関係がある…のかな。


◆鉄のラインバレル 第22話 「鬼を喰らうモノ」
 加藤久嵩の真の目的はビアン・ゾルダーク博士のディバイン・クルセイダーズと同じ目的だったのかよ。
浩一と城崎の仲が縮まりそうになると邪魔が入るのはもはや伝統芸。理沙子はこれで降りたということかな。


◆トミカヒーロー レスキューフォース 第48話 「どうする響助 もうひとりのR2」
 リアル溶岩魔神みたいなCGが凄いわ。
しかしこれでナンシーにダーエンに岡村尚美に神谷と第1期レスキューフォースメンバーが全員出てきたけど全員キャラが濃いなぁ。


◆BLUE DRAGON 天界の七竜 第48話 「最後の決戦」
 プリムラがゾラの白き魂ってドラゴンボールの神様かよ!
この物語の最終ヒロインはゾラだったのね。


◆ケロロ軍曹 第253話 「ケロロ 超人ケロロ/ケロロ 黒電話捜査官66」
 ケータイ捜査官7に相棒、ガンダム00とパロだけで1話つくったな。


◆獣の奏者エリン 第9話 「はちみつとエリン」
 物事を論理的に考えられるエリンの凄さ。自分の身すら忘れられる集中力と冗談すら真に受ける素直さがエリンを支えているんだろうなぁ。
ハチを全部手作業で描くのは無理だっただろうから最近のCG技術の向上がなければこのアニメもなかったのかもしれない。
エリンに何も聞かない気遣いとエリンをきちんと大人扱いする度量の広さ。ジョアンの素晴らしい保護者ぶり。
子供の稼ぎと宿の子供料金が一日銅50枚。小粒銀1枚と同等の銅はどのくらいの枚数なんだろう。それがわかるとこの世界の大体の貨幣価値がわかるのにな。


◆ねぎぼうずのあさたろう 第21話 「みそだまの悪だくみ」
 忍び込むときは「ささっ、さささ」と言うのはお約束だよな。
ネギミソになってしまうあさたろうに噴いた。


◆バトルスピリッツ少年突破バシン 第26話 「サクラの下でバトスピを」
 番組途中できちんと月日が経過して小学校を卒業するアニメというのも珍しいな。
3クール目に向けてメガネなしにイメチェンのメガネコ改めキイロコ改め音無フミコ。まぁ呼び名は変わってないのだけど。メガネコの素のキラキラな瞳は凄いな。
スイレンの時はイジワルなのにマイサンシャインになると営業スマイルが素晴らしい。
父親とも語り合うときにもバトスピを使うこの世界の法則がいいわ。
Jの父親がサウスピ団に係わっている様にバシンの行方知らずの父親もサウスピ団に係わっているんだろうなぁ。というかウチュウチョウテン王だろうけど。


◆侍戦隊シンケンジャー 第4話 「夜話情涙川」
 青はいい子なのに言動がキモいのが難点だな。いや腐女子的にはそれがいいのか。
ピンク姐さんは思ってたより姉さん属性だったのね。料理の腕は壊滅的なのはよくある属性すぎる。
結局駄目男好きだったのか。


◆仮面ライダーディケイド 第7話 「超トリックの真犯人」
 全体的に三文芝居すぎて笑うしかないな。芝居が芝居だけにシナリオが評価できん。


◆ネットゴーストPIPOPA 第48話 「サイゴノ@カケラ」
 勇太が持つもの以外の全てのオリハルコンの欠片全てを手に入れたディバインフォレスト。
最終決戦を前に幹部減らしイベント。人間の体のままネットワーク空間に連れてきたのはやはりイケニエだったのね。
成長するサヤカにPCの性能がついてこれなかったのか。ネットビーナスも最終決戦まで出番がなくなりそうだな。


◆イナズマイレブン 第23話 「神の挑戦状!」
 サッカーを嫌う影山の作り出した圧倒的な強さを誇る世宇子(ぜうす)中を支えるナゾの水。どう見てもドーピングですね、わかります。
円堂たちの闇雲な特訓を支えるマネージャーのお仕事。夏未はやっぱり料理とか初めてだったのか。オニギリにも一生懸命な姿が可愛いなぁ。典型的ツンデレヒロインすぎる。
世宇子のアフロディアの神のような力を前にしても怯まない円堂。
祖父の残したノートと他の部員のアドバイス、そして母親の助言で新必殺技完成間近、と思いきやまだなのか。
次回は合宿だし準決勝から決勝までどれだけ時間が空いているんだろう。


◆おねがい♪マイメロディ きららっ★ 第49話 「ありゃま!ステキな友情」
 たった一日でクロミを干からびる位憔悴させるマイメロのウザさ。そう考えると一緒に暮らせるきららは大物なのかもしれない。歌ちゃんは身長差もあったし、必殺の寝返りパンチもあるからな。
今回はピンクの悪魔さんの鬼畜振りが再認できました。


◆ライブオン CARDLIVER翔 第22話 「ミル、体験会に行く」
 広い裾野を感じるこういうギミックは面白いな。
カラフルGOTOって誰かと思ったらライブオンのチーフデザイナーなのか。バトスピと違ってこっちはテレビ放送するほど社会的に浸透はしてないのね。


◆機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第22話 「未来のために」
 真剣白刃取りは死にに行く者が出来る技ではない証。
直系15キロもの人工物を秘匿しながら作れるのは財力政治力共に並外れてないと出来ないことだよなぁ。
ガンダム4機に1期は12機、2期は108機のMSを用意する連邦政府。どんどん分が悪くなるなぁ。
リボンズの後ろのイノベイター軍団に大笑い。この画像だけ先に見たんだけどコラじゃなかったのね。映像が面白すぎる。
戦いの前に気になる男女が言葉を交わすのがソレスタルビーイングの流儀になっているな。
戦場を切り裂く刃。イデオンソード並にインチキだ。
視界を塞ぎ、数の優位さを生かして押し捲る。アローズのメタボ司令は結構優秀だったのね。役立たずに思えた酒飲み戦術予報士の打った手はカタロンとクーデター派を巻き込むことか。
炭酸さんが始めて戦場で活躍している姿を見たよ。まぁあれでも最初の戦いから戦場で生き残ってきた勇士だからな。
リボンズはクローンがいるんだろうなぁ。記憶の引継ぎとかどうするんだろう。



[アニメ感想] アニメ日誌 2/23(月)〜3/1(日)

2009-05-02 06:48:43 コメント(0) TB(0)
◆宇宙をかける少女 第8話 「暗闇へのいざない」
 「ミスターさんも」ということはイモちゃんはその体を保つのに鉄分が必要なのか。どういう存在なんだろうナビ人。
尊大な割に人見知りするレオパルド。収拾癖は誰にだって覚えがあるもんだよ。女にはゴミにしか見えないものだろうけど。
話に入り込めなくてうろうろするいつきも可愛いなぁ。
レオパルド内温泉にようこそ。お風呂で説明というのは端折れないけど面倒くさいのをサービスシーンとして誤魔化すいい手法だな。
最初のブレインコロニー実験を月側のラグランジュポイントではなくカークウッドで行ったのにも何か秘密がありそうだな。
獅子堂とレオパルド、そしてネルヴァルの関係が少しずつ明らかに、って大事なところで邪魔が入るのはお約束。
デュラハンな亡霊相手に初めてまともに役立ついつき。ゴミ屋敷から首捜索作戦。
箱人間がネルヴァリストだったのか。
異種生物交流から怪獣大決戦へ。秋葉は微妙なところで役に立ったり立たなかったりするのがいいな。


◆はじめの一歩 New Challenger 第8話 「魂(いのち)の一撃」
 伊達が一歩にバトンタッチしたときに、そのまま伊達が息絶えるのかと思ってしまったよ。


◆CLANNAD AFTER STORY 第20話 「汐風の戯れ」
 風子が登場するたびに物語が壊滅的に面白くなるなぁ。


◆ゴルゴ13 第46話 「世紀末ハリウッド」
 ゴルゴvs組織。
とてもゴルゴ無双すぎて笑った。ゴルゴが装置と化している暗殺モノよりもこういった話の方が面白い気がする。


◆鉄のラインバレル 第21話 「狂気の翼」
 アバン長すぎ。
死んでてもCGで出まくりな石神社長。どう見てもどっかで生きててリアルタイムで通信しているようにしか見えないよ。
浩一君のハーレム展開は自重知らずだな。「思春期をこじらせる」って誰の言葉だっけ?
桐山は復活した途端暴走して死亡。最後まで自分大好きなままだったなぁ。


◆トミカヒーロー レスキューフォース 第47話 「いそげレイ 親子のきずなを救え」
 「今日はちょっと少な目かな」寿里の言うように今回は小さい(と言っても普通の人並みの)弁当箱だと思ったら3つの箱のうちの1つか。いつもはどれだけ食うんだよ。
小学生と料理対決で負けたアニキ度ナンバーなレイ。何だか後妻フラグが立っているぞ。
レイの贈ったチケットで危険な目にあう親子。物語の演出上とはいえ酷い話だ。
恋よりも母親臭がするのはレイにとっていいことなのか、悪いことなのか。


◆獣の奏者エリン 第8話 「蜂飼いのジョウン」
 母を助けに行って母の命と引き換えに助かったエリン。母親との会話の思い出はこれからも度々あるんだろうな。
ジョウンのとても素晴らしい態度のエリンへの教え。エリンを大人扱いするいい大人だね。オナラはするけどね。


◆ねぎぼうずのあさたろう 第20話 「あやかしひそむ峠みち」
 昔話の鬼は異国人の暗喩だったのにね。
何故か山奥の屋敷でモテモテのにきち。何という救済イベント。そして全員鬼だったという結末。鬼相手だってモテるだけいいよなぁ。
鬼になる薬で半分鬼になったあさたろう達はその牙を使って土蔵を脱出。脱出に使った牙の所為でネギ汁の狙いがつかないのはいい展開。
にきちはまたも惚れっぽさを発揮するも今度はにきちの為に身を引く鬼の娘。野菜が人間をしている世界で鬼なんてそんなに種族が違うように見えないんだけどね。


◆バトルスピリッツ少年突破バシン 第25話 「キラリ輝石の目覚め」
 キイロコはXレアカードなしに30連勝+スマイル撃破。初出場にしてトップランカーの仲間入りだな。
バシンとキイロコの戦いは自分の全てをぶつけたキイロコが中盤押すものの、最近バシンが好んで使うマジックカード・セブンスクリムゾンの効果でバシンの逆転勝ち。メガネコにとっては自分の正体を見抜いてくれたことが一番嬉しかったに違いないな。
その勢いのままスイレンを倒してバシンはストライカーを倒したJと決勝に。スイレンにストライカー可哀想。
闘気で髪が持ち上がるJに笑った。
Jの巨神機トールによる無限コンボ攻撃で破れたに思われたバシンだがジークフリードL3の効果で何とか生き残る。
バシンはダブルドローによる引きのよさでJを逆転勝利で初優勝。
やっぱりナナリンの首輪の玉は輝石だったのね。本当にこのアニメはちゃんと伏線を張ってから結果を示すから理不尽感がない良いアニメだなぁ。


◆侍戦隊シンケンジャー 第3話 「腕退治腕比」
 実力不足の緑覚醒自覚イベント。ちゃんと殿の実力も示すところが素晴らしい。
どうも緑とピンクは仲がいいのではなくて、ピンクの尻に敷かれる緑という運命のようだ。


◆仮面ライダーディケイド 第6話 「バトル裁判・龍騎ワールド」
 よくもこれだけ芝居の出来ないのを集めたと思うくらい壊滅的に学芸会だなぁ。
ディケイドはボクの考えたカッコいい仮面ライダーによる世界蹂躙物語ですね。


◆ネットゴーストPIPOPA 第47話 「バブバブ@ピポパ」
 ドリームフューチャー社内で微妙に平目さんと同じ扱いな相沢さん。
赤ちゃんサイトで赤ちゃんになってしまった勇太たち。何故サヤカは赤ちゃんにならないんだ。しかし赤ん坊勇太は可愛すぎるな。
プーの貝殻が見せるセイレーンの記憶。サイレント・オブ・ワンミニットの光が人類をネットダイブ可能にしたのか。物怖じしない勇太こそが真のネットチャイルドなのね。


◆イナズマイレブン 第22話 「ゴッドハンドを超えろ!」
 世宇子(ぜうす)中との決勝戦も間近。いつも前向きの円堂がナーバスに。というか授業シーンなんて始めてだな。
先の見えない不安と戦う円堂。ところでヒロインは木野秋か雷門夏未のどっちなんだ。
1話かけても何の事実も明らかになってないし、必殺技の手がかりもつかめていないのが逆に凄いな。


◆ライブオン CARDLIVER翔 第21話 「特訓!タッグバトル!!」
 新システムタッグバトルお試し期間中。
同時期に始まったバシンに比べると翔はモンスターカードしか見えてない分、成長が遅い感じ。というか本当にこっちは話が進まないなぁ。


◆機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第21話 「革新の扉」
 この物語は下手に信念があるキャラはそれに振り回されて苦しんでいるなぁ。戦闘バカみたいなキャラが一番イキイキしてるよ。
シーリンはともかくクラウスまで生き残ったのか。ゴロゴロしたい歌が全世界に広がっているという冗談みたいな話は信じられないよね。
王留美の理論の無茶苦茶さに噴いた。兄が当主の器じゃないから当主になったのにそれが気に入らないから世界を変えるために王家の資産を使ってソレスタルビーイングやらイノベイターに協力する。何という自己否定の塊。
ここに来てようやくミスター・ブシドーの正体がグラハム・エーカーだと明かされる!! って誰も疑ってなかったけどな。
貴重な釘宮キャラが戦場に散る。これでルイスが戦う理由がなくなった訳だが。
※関連:陰謀が生んだミリオンセラー? ヒット曲「ごろごろしたい」の裏にガンダムの影



[アニメ感想] アニメ日誌 2/16(月)〜2/22(日)

2009-04-03 19:20:46 コメント(0) TB(0)
◆続 夏目友人帳 第7話 「呼んではならぬ」
 望まず一時的にとはいえ、欲しかったであろう妖怪が見えない瞳になってしまった夏目。
それが初めての人間を襲う妖怪と絡んでいるときに起きるのが不運だよなぁ。
夏目の目のことを知っている女の子の存在はちょっとでも色気のある展開を増やしてくれると思っていいのかな。


◆宇宙をかける少女 第7話 「神々の闘い」
 姉がさらわれたことでいつもは受け身の秋葉が先頭切って進むからようやく物語が進みだした気がする。
昔格闘する宇宙船というのがあったけど、コロニー同士の格闘戦というのは新鮮すぎる。この世界でも常識外の行為なのがわかる天丼な展開はよかったよ。
寒さで縮こまる金玉、もといゴールデンオーブをコロニー集光ミラーを使ってのレオパルドごと解凍。この瞬間コロニーに住んでいた人に凄い影響があっただろうなぁ。
女コロニーにも童貞扱いされるレオパルドに噴いた。
獅子堂とレオパルドが対ネルヴァルの戦いを昔にも行ったのは何となくわかった。“宇宙をかける少女”というのは血筋なのか。


◆CLANNAD AFTER STORY 第19話 「家路」
 風子との対面に笑ってしまった。初対面のはずなのに手馴れた対応が素晴らしい。
古河夫妻の会話に思わずホロッと来てしまった。


◆黒神 The Animation 第7話 「クロの過去」
 クロの兄貴の力を持ったもののテンプレ的戯言が素晴らしいなぁ。
これは慶太のツンデレ話だったのね。


◆鉄のラインバレル 第20話 「運命の男(ひと)」
 比較的中途半端な立ち位置な九条美海ことみうみう。キレイなお姉さんは好きです。
ハーレム体質のやつを好きになって、自分の魅力がわからないと身の置き場がないよなぁ。
「若いからすぐにヤリたいのはわかるけどねぇ」さり気にセクハラ発言の結衣さんステキです。
自分が恋してるからか、浩一は自分への愛情には鈍いのか。
弱かった人が覚悟を決めると、展開的にはその先は覚醒か死亡しかないな。
という訳で覚醒した上での死だったのを、正義の味方が覆すという王道展開。自力でモードBになって敵を撃滅。
イズナはキスの意味すらわかってないくらいお子様なのね。まぁ浩一もそうみたいだけど。


◆トミカヒーロー レスキューフォース 第46話 「ヒカルは変わらない 年中無休レスキュー魂」
 今回は何だかとってもリュウケンドーぽいシナリオだなぁ。
休暇に行ったら顔なじみに出会いまくるヒカル。そしてその場所で超災害が発生するのもまたお約束。


◆獣の奏者エリン 第7話 「母の指笛」
 現代では兵力と政治が分離しているのは当然なんだけど、昔は力を持っているのが政治をするのが当たり前だからな。
自分で調査することもせずに自然に裁きを任せるなんて、自分たちに調査能力がないという証拠だよなぁ。
鋭さが災いを呼ぶ。エリンの母親を救おうとする気持ちがソヨンに霧の民の罪を犯す。指笛による闘蛇を自在に操る術がこうやってエリンに伝承されたのね。
霧の民の掟は過去に闘蛇を操って戦をしていたことで世界が滅びかけたことの戒めなんだろうな。


◆バトルスピリッツ少年突破バシン 第24話 「春のバトスピキイロい嵐」
 メガネコ改めキイロコ誕生。メガネ娘の必殺技ギャップ萌えですな。ってそのままやないか。何で誰も気付かないんだろうw
澤ラギキョーカはJの双子の妹だったのか。デビュー戦にしてキイロコの踏み台に。
キイロコとスマイルの同門・黄色カード勝負。スマイルに押されまくっていたキイロコだが、最後で逆転。何というテレビ的演出。
バシンはエリオットを一蹴。知らないうちに結構強くなっていたんだなぁ。


◆侍戦隊シンケンジャー 第2話 「極付粋合体」
 いつもながら話が始まったばかりの頃は戦隊モノの設定を考えるのは大変だよなぁと思わせる展開ばかりなのがいいなぁ。
青主体の侍合体のオデンロボに噴いた。相変わらずシリアスとボケの境界が薄いところが良し。
町の被害なんて関係なしに戦うロボ。ロボ戦でも雑魚が出てくるのは新鮮でいいな。


◆仮面ライダーディケイド 第5話 「かみつき王の資格」
 平成ライダーを全部知っているのを前提としたシナリオだからか妙に説明の少ない(足りてない)シナリオの上、戦闘が多いからどうにも話に入り込めないんだよなぁ。


◆ネットゴーストPIPOPA 第46話 「フシギノクニノ@カリン」
 7話以来ほとんど物語に絡まなかった花梨がようやく今回のメインに。デフォルメ花梨も可愛いなぁ。
ネット世界に来て初めて会ったのがコミュニケーション能力不足のピポパだったため話はややこしく。
夢と思いながらネット世界を満喫する花梨ちゃん。雪谷亭のサイトに来ても認識は夢のまま。
ネット空間に来てまで露天風呂とは何というサービス満点。
ホルルンとテルルンのバロムクロスでネットモンスターに大変身って子供にゃこのネタわからないだろうに。
なし崩し的にシュウゾウとコースケもネット世界に参加。これはクラス全員にバレるフラグだな。
ビボバの合体って元ネタゲッターロボだったのか。今まで気付かなかったよ。


◆イナズマイレブン 第21話 「激闘!木戸川清修!!」
 先取点を許したものの木戸川清修に対して一歩も引かず戦う雷門イレブン。
武方三兄弟とその他の選手の隙をつく鬼道。というか試合中に普通に相談しあっている姿に噴いたわ。
FW2人を囮にトライペガサスで同点に。どう考えてもGKまで攻撃参加って隙ありすぎだよなぁ。
後半早々武方三兄弟のトライアングルZでゴットハンドまで破られ、トライペガサスまで防がれる劣勢の展開でも諦めない豪炎寺が同点シュート。
最後に打たれたトライアングルZに対してゴットハンド+DF2人の加勢でシュート制止。そして豪炎寺は自身を囮にしてまたもやトライペガサスで逆転。FWを使わないシュートパターンがあるのは結構大事なのかも。


◆機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第20話 「アニュー・リターン」
 鹵獲された機体をドッキングして取り返すって無茶苦茶すぎる。沙慈は本当に何のために乗っているんだろう。
ルイスはいつの間にかイノベイターに改造済み。人類より高尚とか言っといて改造だけでなるのかいな。強化人間とコーディネイターってどっちが有能なんだろうね。
いつの間にか刹那が成長してロックオンに自分を出せるまでになったのね。
曲がるビームだと! この世界のトンでも科学は全てGN粒子と脳量子波で説明できます。
ロックオンは接近戦用の機体を相手にしてるんだから自分から近づくなよ、と思ったら海賊が目的か。ガンダムでガンカタに噴いた。
人類の上位種にして絶対種と称してはいるけど、イノベイター全てはリボンズの端末にして駒にしか過ぎないのか。



リンク
オンライン小説
FateSS
サヴァイヴリンク
巡回先
こうさぎ
Powerd by News-Handler