December
Sun
Mon
Tue
Wed
Thu
Fri
Sat
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

archives
2005December
2005November
2005October
2005September
2005August
2005July
2005June
2005May
2005February
2005January
2004December

category
Weblog
CD
Live
Live info
Historical talk
others

bookmark
POSEIDON
言わずと知れたプログレの金字塔ポセイドン。ライブインフォ、新譜情報その他多彩。AIN SOPHもお世話になっています。
AIN SOPH
POSEIDONさんの頁に寄生させていただいてるアイン・ソフページ。現在のところここが唯一のオフィシャルサイト。
AIN SOPH BBS
祝!ブログと同時開設・AIN SOPHオフィシャルBBS




Taiqui's MUSIQUE BLOG
関西屈指のご長寿ロックバンドアイン・ソフのブログを管理人のtaiquiがアイン・ソフのカテゴリだけでなくその音楽的日常を書きつづるブログにリニュ−アル


トロルス

Taiquiです
さっき自分のライブの告知用に某プログレ系告知urlをなにげに繰っていて「最近行きたいライブってないな〜」などとひとりごちていたのだ・が。

なななんと!
この目を疑いましたね私は!

4月にあのトロルスが・・・
ここから先は支離滅裂ですからね私は(笑)

このところの来日・再結成ラッシュはまさかまさかの連続だ。

まさか生きてこの目でトロルスが見れるかもしれないと思うと夢のごとくである。

4月には万難を拝し川崎まで詣でなければならないだろう。これは私にとっても大事件だ。

|| コメント(0)| Track back(0) | 2005-12-18 21:41:03

●即興系

■taiquiです

本来今日はジャケのことのつづきを書くはず、だったのだがちょっと番外。

先日某所で、スティーブ・ベレスフォード、シャルル・トレネの歌をアレンジ、みたいなCDを中古で発見。冬の夜長?にいいかもと格安だったので購入。これがなかなか和めていい。

このインプロヴァイザー(が本業だと思う。ガキの頃シカメツラしてインカスやICPなんか聴いてた私としては懐かしい)一筋縄ではいかないオヤジで、その活躍の幅も広い。
それでいて私はそういう幅が広くて良い意味でファンを裏切る?人物が滅法好きでもある。(笑)これはフランスジャズ界の結構な人脈も参加の地味ながら隠れた名盤と言えそうだ。

またこんな調子で最近聴いてるCDや古い音源だけど引っ張り出して聴いてる・なんて話も時折して行こうと思う。
|| コメント(0)| Track back(1) | 2005-12-15 01:48:21

ジャケ

●taiquiです

酸欠から復帰し、その後ジャケ製作や個人ライブで東京など多忙にしている

ジャケというのは”海の底”と”5or9”これがなかなかいいかんじに仕上がってくるので(音の方も随分明瞭さが増したし)これの完成形がたのしみなのだ。

東京の個人ライブのことなどもまた話そう。
|| コメント(0)| Track back(3) | 2005-12-08 10:29:49

■酸欠・ですっ

●taiquiです

あやうく一酸化炭素中毒になりかけたのです・・・いやマジで。(あ・でも決して練炭自殺をはかったわけではないのでね)某超絶ミュ−ジシャンのレコ−ディングに呼ばれていたのです。その現場の関係者が暖をとるために炭を焚いていて。

今は時間がないので、詳細はまた話そう

物理的な意味でのは頭痛はまだ残るけど、いろいろ実りのある録音にはなったのです。

さあいまからようやく再発のジャケのトリ−トメント。これがなかなか厄介だけれど楽しい。これのお話も改めていたしましょう。
|| コメント(0)| Track back(0) | 2005-11-23 22:54:26

■森之宮

●taiquiです

きょうは知人のドラマ−の葬儀があって森之宮に行った。(いまだにその死が信じられないのだ)でも厳密な意味では会期時刻に間に合わず。
でも個人的には、しっかりお祈りしてきましたよ
クリスチャンじゃないからダメかもしれないけれどきっと彼女なら笑って許してくれたと思う。

知人の姿を数名見かけるも皆眼を伏せがちである。

教会にとってもちいさなドラムセットが置いてあった
涙を誘うものだ

米国ツア−中自動車事故に巻き込まれた彼女は今ごろどんな夢を見ているんだろう

ありきたりだがご冥福を祈りたい。ひとはきっとそうやって祈っていくものなのだ。


|| コメント(0)| Track back(0) | 2005-11-18 00:49:58

音楽って

空気みたいなものだと思う

それはいろいろな意味で


●taiqui
|| コメント(0)| Track back(0) | 2005-10-15 20:34:00

雨の日

●taiquiです

秋雨

雨の日に聞きたくなる曲はいくつかあって
たとえばソフトマシンの7の2曲目の小品なんかがそう

驟雨なんかでもきっと大丈夫だ

きっとやっていけるさ
|| コメント(0)| Track back(0) | 2005-10-15 11:02:20

■シングルヘッドの音

●taiquiです

きのうリニュアルした際にはこのペ−ジ何かレイアウトが崩れまくっていたのが、イツノマニカ直ってる。お世話になります。こつこつやっているとおぼしきフリ−のブログシステムに感謝。

さて、非プログレ系の知人の某板でばっか書いてないで(笑)自分家でも書こう。

70年代にシングルヘッドというのが流行った。
これは当時PAや機材がわるくて(ほんとヒドかったんだよ)どうせドラムの音なんてなにがなんだか・の世界で、少しでもアタックを届かせようという努力から始められた手法なわけで・・・
ということはいわゆるドラム本来の「胴鳴り」なんかとは完全無縁のむしろどういったらいいかペチャペチャとパ−カッシブなサウンドになる。
ドラムという楽器の使い方としてはいかにも邪道だし、いまのサウンドシステムや機材からみてもほとんど意味がないともいえてほとんど誰もやってない。

でもこれ面白い(笑)これから発展してロ−トタムやなんかもほとんど同じ原理で「胴」というものに意味を見いださないタイプの音色、実は70年代特に後半はこのサウンドがいわゆるプログレシブ・ロックのサウンドなんですな。(例は省く)今日ちょっとしたことで楽器を確認していて&ある画像をみていてのおもいつき。早速28の磔磔ではこの「シングルヘッド」ですからね。PAさんヨロシク!
|| コメント(0)| Track back(0) | 2005-09-18 19:09:41

■それでも

●taiquiです

ときにはゆっくりと自分に敗北していく時間を知ることになる黄昏
|| コメント(0)| Track back(0) | 2005-09-17 16:30:38

■奇麗事は聴き飽きた

●taiquiです

思い通りにならないことがあるとき
みなさんはどのようにしてる?

泣いたりわめいたりするひとはコドモだろう(笑)

時間の感覚をもてあそび時とともに遊ぶ術が身に付けられたらしめたものだろう。

ひとり杯を傾けるのもわるくはないが
私は能を謡うことにしている。



|| コメント(0)| Track back(0) | 2005-09-16 21:22:40