6月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

過去の記事
2004年06月
2004年05月
2004年04月
2004年03月
2004年02月
2003年12月
2003年10月
2003年09月

カテゴリー
雑記
Wikipedia
読書感想文

ブックマーク
Wikipedia日本語版
Wikipedia日本語版トップページ

メインページ | 最近更新したページ Carbuncle (ノート)


夢の国を探す君の名を
ここはフリー百科事典ウィキペディア (Wikipedia) 日本語版の利用者であるCarbuncleによる、ウィキペディアに関すること・関しないことについての覚書のためのサイトです。

北山猛邦『アルファベット荘事件』

北山猛邦『アルファベット荘事件』
屋敷の見取り図見た段階でネタが読めたのは久しぶりだなあ(と書くだけでネタバレになるのか)。っていうかトリックの使いどころがデビュー作『『クロック城』殺人事件』とかなり同じなのはどうかと思う(と、これは普通にネタバレだったりするのか)。
この調子だと積んである『「瑠璃城」殺人事件』『「アリス・ミラー城」殺人事件』は読む気になれないかも。(周りに聞いてみると、「アリス・ミラー」はそれなりに評判よさそうで安心)
いつの間にか中に物体を出現させてしまう「創生の箱」のトリックは手品を見てるみたいで感心したけど、でも総じていまいちな印象。


ウィキペディアは、すごく眠いので、日付記事だけ触って立ち去る。「ビギナー」で主役を演じていた女優のミムラさんが明日6月15日誕生日なのだそうだが、誕生年が1984年。ってことは同い年だったのか。。
[[ノート:十七条憲法]]にFeZnさんからコメントを頂いたみたいで、ありがとうございます。返事は明日(JST)書きます。
なんでこんなに眠いんだろう。。

コメント(1) Track back(0)
2004年06月14日 21時16分28秒

北乃坂柾雪『匣庭の偶殺魔』

北乃坂柾雪『匣庭の偶殺魔』
第5回角川学園小説大賞奨励賞受賞作。主人公の周辺で連続する怪死事件は偶然の事故によるものなのか、それとも周到に巧まれた確率の犯罪なのか。

そのオチはないだろうと思わせておいてラスト5ページでひっくり返すというのはすごくよいのだけれど、それが真相なんだったらあの人は死ななくてもよかったのでは……
あと、過去に起きた嵐の孤島での事件パートは全体から浮いてるような感じがして座りが悪い。
キャラ造詣も含めて「作り事」の世界だなあという感じがしてあまり好感が持てなかった。


ウィキペディアのほうは久しぶりに気合入れて活動したなあという気分。それにしても小学校で使う社会科の資料集なんて手に入るかなあ。昔使ったのが押入れとかに残ってるといいけど。。
(参考:[[ノート:十七条憲法]])

統計処理はもうすぐ完成する予想。

コメント(0) Track back(0)
2004年06月14日 06時07分30秒

儀礼的無関心を装えないほどの

なんか恐ろしいものを見てしまったので、儀礼的無関心を放棄して書いてしまおうと思う。
ウィキペディア上で各ユーザが持つ利用者ページのうち、Hirotaka氏の持つ[[利用者:Hirotaka]]に、Hirotaka氏本人が追加した外部リンク。
リンク先サイトの「プロフィール」を見ると小学6年生のひろたか君が載っているのだけど、これって、まさか、ね。うん。
Hirotaka氏のIPユーザ時代のIP 219.111.193.249はRosenetってISPが管理してたものだったとおもうけど、ひろたか君が2003年に転校したとプロフィールに記されている本村小学校のサイト(http://www2.rosenet.ne.jp/~honmura-ea/ 注:音が鳴ります)がそのドメイン下にあるのは偶然なんだろうか。
学校の公式サイトが特定のISPの管理ドメイン下にあるってことは、その学校全体でそのISPを利用してるって考えてもおかしくなく、そうであるなら、情報処理室とかの学校のパソコンが全部Rosenetを介してインターネットとつながってることは十分ありそう。
そういえばブロック依頼のページで「良い219.111.193.249と悪い219.111.193.249がいる」というような話があったけど、これ、中身は違う学生だけどアドレスは同じだったと考えるとすごく筋が通るような気がする。
……。
とりあえず、リンク先サイトのBBSを荒らす行為だけは絶対しちゃいけません。

話は変わって、KIZU氏が管理者に立候補した件。
まず管理者になるということについては、[[Wikipedia:管理者への立候補]]の「ガイドライン」に書いてあるとおり、1.ウィキペディアでしばらく活動した参加者で、2.コミュニティのメンバーに広く認知され信頼されている人なら、誰がなっても良いと思ってます。
1.の要件にある「しばらく活動」は、「記事の編集に慣れていること」「コミュニティの慣行に慣れていること」「削除依頼などのシステムに慣れていること」など総合的に勘案して考えればいいのかな。
Ciro氏の推薦の際にSuisui氏が「削除依頼を出された履歴が無いこと」を理由のひとつとして反対していたけど、「削除依頼を出したことがあること」「削除依頼のページで意見を述べたことがあること」などまで必要とされるかどうかは人によって考えが違いそうです。
管理者になってからの実務としては削除依頼への対応が重要なもののひとつとなるのだから、一般ユーザのときにそれに慣れておくことが必要だという考え方もあれば、削除依頼以外にもブロックやら保護やら即時削除やらいろいろあるのだから削除依頼だけをことさら重要視することはないだろうという考えもありそう。
個人的には、削除依頼を出すかどうかは、自分の気づく範囲に著作権侵害の問題のある記事など削除依頼に出すべき問題があるかどうかという偶然の事情に左右されるのだから、これを必須とするのは積極的には賛成できない。
「自分が問題を見つけてきて削除依頼を出すのではなくても、すでに依頼されている問題についてコメントすることは必要だろう」と言われると、それには同意できるかな。
でもまあ、削除依頼にコメントしづらいというのは良く分かる。[[Wikipedia:著作権を侵害している投稿について]]にも「著作権を侵害している各記事を取り締まることは、一般のウィキペディアンの仕事ではありません。」とか書いてあるしねえ。
削除依頼云々については、立候補時に判断するのではなく、就任後のはたらきを期待して見切り発車的に就任させちゃってもいいのではないかな、と思う。例えば就任後何ヶ月かたった時点でそれまでのはたらきを元に今後も管理者を任せられるかどうかを問うとかでフォローして。(それを発展させると任期制の議論につながります。そういえば0null0氏が3ヶ月経った時点で自発的にそういうことをしていましたね。あ、僕もそろそろ3ヶ月経ってる。その間特に何の働きもしてない...)

2.の要件は、どれだけ多くの人から賛成票を集められるかということかな。
その人が過去に行ってきたことを元に、他の人が管理者としてふさわしいかどうかという観点から評価するプロセス。
僕がここんところ行われている推薦・立候補の議論に口を挟めずにいるのは、まさにこの点に支障があるのだけど、まあ放っておいても適当な結果になるだろうからいいか、と静観中。

KIZU氏についても(特に最近の活動について)よく知らないし判断のしようがないのだけど、現代日本語で書いてくれればいいなあ、と思う。


コメント(4) Track back(0)
2004年06月12日 22時53分29秒

橋本紡『リバーズ・エンド』

橋本紡『リバーズ・エンド』

ウィキペディアで記事[[リバーズ・エンド]]ができたので発作的に書いてみる。
初めてイラスト買いした本です。(高野音彦の絵は大好きです。米澤穂信もそれで読み始めたようなものです。ちなみに米澤穂信についてはまた後日、本腰を入れて米澤穂信論を書く予定。)
リバーズ・エンドシリーズは1巻がすごく読みやすかったのを覚えています。10分で100ページぐらい読んだ、確か(ちなみに普段はこんなに速く本は読めません)。会話文が多かったんだろうな、きっと。
当時の読書感想文帳から内容紹介を抜粋。「唯という不思議少女と拓己という気弱系少年の物語」「唯の中から白いのが出てきて拓己と結合して町を取り込んだところにトマホークが飛んできて町が壊滅する話」。。。なんじゃそりゃ。
どんな話だったかこれだと全然思い出せないぞ。けど、ラストシーンのふたりで川の終わり(River's End)を見に行くところはおぼろげながら覚えてます。仔猫の「クツシタ」もなんとなく。
2巻の感想。「全然話が進まない。驚くくらい何も進んでない。この巻いらないだろ」すごいこと書いてます。
確かに何も内容覚えてないなあ。
3巻。途中まで読んで止まってます、多分。あれ? 読み終わったんだったかな? 異世界で仲間の一人がサイコロ(?)に襲われて瀕死になって次号へ続くとなったのはこの巻だったっけ?
4・5巻。こないだブックオフで100円で売ってたので買っておきました。まだ読んでません。
後日譚「リバーズ・エンド after days」は今月の新刊で出るんでしたっけ。新刊で買うかどうかは微妙。

あー、だめだ。
記事の参考になることは何も思い出せませんでした。
独立して記事が書かれるってことはもしかしてラストでとんでもないことになる傑作だったりするのでしょうか。
作品の内容はともかく、ウィキペディアの記事としては、(NPOVの原則には反するかもしれませんが)記事を読んだ人が「この本読みたいっ!」と、思わず本屋に走ってしまうような内容の記事にしていくことができるといいですね。


コメント(0) Track back(0)
2004年06月11日 00時49分01秒

便りがないのは良い便り

先日書いた、ウィキペディア日本語版に対してK.M.氏が「訴訟予告状」をたたきつけてたことに対してコメントしてきたという話。その後お返事はありません。
返事がないのはよい返事、なのかなあ。自分の答えなくてはいけないことには答えずに、言いたいことだけ言って生きていけたら人生楽だろうなあとしみじみ。

それはさておき、00U2024氏がブロックされたみたいですね。何をしたのか詳しく知らないのでそのこと自体について特に感想はないのですが、ブロックされたからにはそれなりの悪いことをしたのでしょう。
けど井戸端BBS「対話:00U2024」の2つめで言ってる「[[三菱証券]]の初版は著作権侵害ではない」という点について記事を見てみた範囲では、これは問題ないんじゃないかなあとも思える。
「三菱証券(みつびししょうけん)とは、三菱東京フィナンシャル・グループ傘下の証券会社。」(リンク先記事より引用。この引用って、将来的にリンク先が削除されっちゃったらどうしたらいいんだろう...)という一文が偶然に一致することはありうるだろうし、本当に外部ソースを参照せずに書いたのだとすれば「参照していません」以外の返答はできなくても責められないだろう。
というのは一般論で。
どうやらこの人いろいろとほかに著作権侵害がらみで問題をおこしているらしい。となるとこのケースについても頭から疑ってかかる(たとえば00U2024氏は参照していないと言うが実際には参照しているのではないか? など)のも致し方ないかなあ。
個別具体的に判断してこの記事については残しておいてもいいだろうとした後で問題があったことが発覚して削除しなくてはいけなくなるよりは、今の段階でとりあえず削除しておくほうが安全とは言えるかもしれない。
けどまた本人らしき人が別のハンドルで戻ってきて不当削除だとかいって同じ内容で投稿して、、といたちごっこになる可能性もあるなあ(一度削除依頼を通して削除されたのと同じ内容が投稿された場合は即時削除の対象なので、そうなったところでそれほどの負担はないともいえるけど)。
いずれにせよ、00U2024氏の所業も把握してないし、複製元とされている「会社四季報」も手元にないので、この件について口を挟むことはできなさそう。Carbuncleは(陰からこそっと)削除に反対しません。

この件に関連して、以前削除依頼系のページで誰か(ゆすてぃん氏かT.Nakamura氏だったような気がする)が「一つ一つの投稿は転載元がはっきりしなくて著作権侵害とは言い切れないが、そのユーザが同時期に投稿した多数の投稿が問題のあるものだと判明しているので、総合的に判断してすべての記事に問題があると推定するのは妥当である」という内容の発言をしていた記憶があるのだけど、これについて覚えている方、手がかりがある方は教えていただけるとありがたいです。

鉄道関係もごたごたしてるみたいですねえ。
最近熱心にログを追ってないので何がおきてるか完全に把握してないんだけど(いつの間にか Whatlinkshere が「このページへのリンク元」に変わってるし、知らないユーザもいっぱいいるし)、一日あたりの投稿回数は着実に増え続けてるみたいです。
と書いてかなり長いあいだ統計関係の報告をしてないことをまた思い出した。今からやります(^_^;)


コメント(0) Track back(0)
2004年06月11日 00時16分36秒

LINE
Copyright (C) 2003-2004 Carbuncle All Rights Reserved.
Powerd by News Handler