Since 25.July.2003 Main
中国サイトの気になるニュースと日々のあれこれ・・・や、姜大衛(DAVID CHIANG)など。presented by DHS


■大陸:問題サイトを告発しよう<有害情報告発センター>開設

ま、「上に法あれば、下に対策あり」ですから、告発→閉鎖となったところでイタチごっこになるだけなんでしょうが…。

※繁体字表示です。
■インターネット"不良情報告発センター" :80%はアダルト情報(東方日報)

<引用>
10日に北京で開通した“違法和不良資訊舉報中心”の責任者によると、メールでの告発の約80%は黄色(アダルト)情報で、残りの20%は悪意的、反動的な有害情報であり、ゲームのプラグインなどの違法行為の告発もあるという。<ー中略ー>“舉報中心”では、告発された情報を元にサイト管理者へ告知した後に直ちに処理されなかった場合は、国家関連法律執行部門に通達し処理するとしている。


今までも中央政府は政治的に問題のあるサイトの内容管理などはしてた筈ですが、公に告発サイトを開設するに至ったようです。主に迷惑情報や道徳的に不穏というサイトが扱われているようですが、確かに黄色情報は多いのかも。というより、普通のポータルサイトでさえトップページに思いっきりバストもろ出しや全裸写真とかを「漂亮女士(組図)」みたいに掲載してますからねぇ(苦笑)、しょうがないかとも思いますが。

ちなみに“違法和不良資訊舉報中心”は、告発をしたり、問題サイトに関するフォーラムに参加するには会員登録が必要なようです。尚、13日の時点では“愛愛電影網站”なるサイトが「淫らな情報」を掲載していたということで法律的に閉鎖された模様。

■違法和不良資訊舉報中心(簡体字)


コメント(0) TrackBack(0) ▲Clip
2004年06月15日 12時41分53秒

■張恵妹(アーメイ)「杭州事件」の煽りを受け、王菲(フェイ・オン)も槍玉に挙る。

キナ臭いです。撒くとしたら人糞?それとも牛かな。

※繁体字表示です。
■台湾の怒れる市民は王菲をやり玉に挙げて報復する(新浪網-東方日報)

<引用>
台湾の歌手・張恵妹(アーメイ)が4年前の陳水扁の就任式典の上で「国歌」を歌ったことの後遺症は今でも残っているが、昨日、阿妹は大陸の網友に向かって(民進党支持の)泛緑芸能人と現れたため、ステージで糞をかけると脅迫された。その事に対応し、やむを得ず杭州での一公演を取り消すことにしたが、事態は一触即発の状況である。台湾ネチズン達の憤慨は甚だしく、報復行動の計画を練り、大陸の歌手と芸人を抑制すると声明し、真っ先にやり玉に挙げたのは王菲(フェイ・ウォン)であった。彼女には罪は無いが、この政治の渦に巻き込まれようとしとしている。


■台湾の人気歌手が出演やめた“政治的”理由(夕刊フジーZAKZAK)

既に「杭州事件」と名が打たれてます。先のジャッキー「大戦は茶番」発言を初め、港台芸能界では人気者の政治的な意思表示に敏感になりつつあります。しかし、正直なところ、当人たちも本心ではどちらサイドについているのか、分かりかねる部分は大きいです。

香港メディアは、陳総統(独立派)寄りのオピニオンを発すると当局からの(有象無像の)指導も入るとこともあるだろうし、「…という論調がある」と人ごとのように記載するのが精一杯なのかもしれません。また、左派や右派、ハト派とタカ派という概念自体も逆転しているわけで(苦笑)、記事の本筋を読み取るのは華人であっても難しいのではないでしょうか。

張恵妹(アーメイ)といえば、台湾の先住少数民族出身として有名であり、日本から見れば彼女が民進党を支持するのは当然と思えますが、だからこそ、彼女が「国親党支持」と発することには重大な意義があり、そこを意識的に画策しているグループもあることでしょう。その急先鋒とも言える、いわゆる外省人を中心としたネチズン達が彼女を攻撃することは、効果的なのかどうかは分かりません。


コメント(0) TrackBack(0) ▲Clip
2004年06月14日 15時45分20秒

■“人造美女”:法廷でミス・ユニバース中国代表と論戦か

“人造美人”大会を開催することで決着がついていたワケでは無かったようです。さて、どんな裁判になるのでしょうか。

※簡体字表示です。
■ミス・ユニバースの張萌は法廷で“整形美人”の楊媛と論戦する(圖)(千龍網)

<引用>
ミス・ユニバースは“整形美人”と法廷で鋭い舌戦を繰り広げる。昨日記者が得た情報によると、北京の天九偉業文化傳媒有限合司は“整形美人”楊媛(ヤン・ユァン)が法廷へ訴えた後に、“2004ミス・ユニバース大会”の正式な中国地区優勝者の張萌(チャン・モン)に依頼し、被告代理人として出廷し応戦するという。


さすが優勝者・張萌(チャン・モン)さん、綺麗ですねぇ。しかも、頭も良さそうだ。楊媛さんも「その気になってる」写真ですが、どうしても化粧が濃く感じます。

楊媛さんは、公な謝罪と精神的損害の賠償金として5万元(約67万円)の支払いを求めているそうですが、天九偉業文化傳媒有限合司(会社名長過ぎ)の広報:趙朝峰さんは「組織委員会は既に楊媛に対し援助と善意の限りを尽くしている」ので、「強情に裁判へ打って出る彼女の行動は残念であり理解できない」とコメントしています。

張萌(チャン・モン)さんは、去る6月2日に行われたミス・ユニバース世界大会でこそ上位入賞は果たせなかったものの、国内ではとても人気があるそうです。さて、法廷で彼女がどんな“証言”をするのか、気になるところですね。


コメント(0) TrackBack(0) ▲Clip
2004年06月13日 17時41分30秒

■倉田さんの本にも情報が無かった黄正利

十分解ってましたが、やっぱり仕事を家に持ち帰ってはいけませんね。どうにも集中出来ず、結局今日は何も完遂できませんでした。とほほ。明日中になんとかしなきゃ。

で、買っておきながら放置していた本を読んじゃいました。

香港アクションスター交友録

著:倉田保昭<洋泉社>

このアイテムの詳細を見る


我が大衛もブルース・リーについで2番目に登場します。どんなことが書いてあるのか・・・とドキドキして読んだけど、大衛が「当時、いかに金持ちの大スターであったか」というのが強調されててやや肩透かしかも(苦笑。

しかし、『激突!少林拳VS忍者』での、倉田さん、シウキン(徐小強)と一緒に撮ったオフショットの<ヅラなし衣装あり>大衛が拝めたので良かったです(笑。

200ページ程度の単行本では主な武打星は網羅した上で、交流のある人を全部登場させるのは難しいのかもしれませんが、やっぱり黄正利(ウォン・チェン・リー)は盛り込んで欲しかった。

滅多に情報が出てこないチェンリーなので、たとえ昔話であっても貴重だったのになぁ。


コメント(0) TrackBack(0) ▲Clip
2004年06月13日 02時15分33秒

■大陸:“網絡媽媽(ワンルーマーマー)活動”が盛り上る

ちょうど児童節の頃によく話題に出ていた“網絡媽媽(ワンルーマーマー)”。以来、地道な活動は続いていましたが、ここ数日は日本でもネット絡みの少女殺人事件が起きた事もあり、より党を挙げての草の根活動になりつつあります。

※繁体字表示です。
■“網絡媽媽”と共にと願う(新浪網)

<引用>
“網絡媽媽(インターネット・ママ)”の劉煥栄(リゥ・フゥァンロン)の真相が連続して報道された後に強烈な反響を生んだのを受け、団省委員会は“網絡媽媽”の志願者から提案書を募集することにした。ここ数日、各界人士からは次々と参加希望が来ている。


“網絡媽媽(ワンルーマーマー)”とは、33年前に若くして山火事で大やけどを負った劉煥榮(リゥ・ファゥンロン)さんが、ネットを通じて障害を持っていても前向きに正しく生きることや、愛についてなどを説き、多くの子供達が間違った道に進むのを防いだという話が紹介された記事についた言葉です。

もちろん、“網絡媽媽(ワンルーマーマー)”イコール劉煥榮(リゥ・フゥァンロン)さんなのだが、この“網絡媽媽”の話に感動し、「私も“網絡媽媽”として多くの人々の助けになりたい」という熱心な人々が立ち上がり、ある大学生達などはおそろいの“網絡媽媽”Tシャツを作ったりして積極的に活動を始めていました。

勢い、“網絡媽媽(ママ)”ならぬ、ネットに精通した“網絡??(インターネットパパ)”や“網絡姐姐(インターネットねえさん)”も出現しているようです。

新浪網の記事では、未成年が健全に成長できるようにと、無料カウンセリングのサイトを立ち上げた大学教授や未成年は無料としたネットカフェ経営者などの話が取り上げられています。

この一連の報道自体、党の青年団が煽ってる部分が大きいと思うので、本当のところはどの程度の盛り上がりなのかは分かりませんが、劉さんの話は(多少の演出はあるかもしれませんが)作り話では無いようですし、ネットを通じて少しでも迷える未成年を救えたのならそれはとても意義深いことだと思います。

翻って日本では、「ツールとしてのネット活用」は教育出来ても、ネット上も含め「コミュニケーションの図り方」は教育していないので、例え“網絡媽媽”が出現しても、交流するのは難しいのかもしれません。


“網絡媽媽(インターネット・ママ)”劉煥榮(リゥ・フゥァンロン)さんのストーリー
※簡体字表示です。
■“網絡媽媽”劉煥榮(圖)(5/9付:教育e綫)


コメント(0) TrackBack(0) ▲Clip
2004年06月11日 01時59分11秒


6月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
Powerd by News Handler


■新着よた話
  • 大陸:問題サイトを告発しよう<有害情報告発センター>開設
  • 張恵妹(アーメイ)「杭州事件」の煽りを受け、王菲(フェイ・オン)も槍玉に挙る。
  • “人造美女”:法廷でミス・ユニバース中国代表と論戦か
  • 倉田さんの本にも情報が無かった黄正利
  • 大陸:“網絡媽媽(ワンルーマーマー)活動”が盛り上る
  • 大陸・東北一の“人造美女”:更に伸ばして身長12センチ増
  • 上海電視節で“流動広告”がお目見え
  • 内地:中小学生の間で流行る「死亡遊戯」に制止指導
  • 大陸:終業後はディスプレイ、プリンタの電源も落とそう−電力浪費の回避策
  • <少林功夫>商標ネタ−FLASH
■過去のよた話
■カテゴリー
Weblog
中国/香港/台灣
映画
NEWS
姜大衛(デビッド・チャン)
連続モノ
2003年引越ブログ
鑑賞カタログ
旧)日々の戯言

■ブックマーク
Google(繁体字)
雅虎香港
SYSTRAN
ナリナリ
破壊屋
人観察記

■クリッピング

■我ブログリスト


このブログを登録 by BlogPeople



50代のDS
若き大衛
このアイコンは
Abi-Stationで作りました。

前のページへ     

Copyright (C) 2004 DHS. All rights Reserved