水に流して欲しいのです。



日頃の鍛錬の賜物か、毎日すこぶる快調、っつーか快腸です。

こんな穏やかでとめどない流れは美空ひばりか私かっつーくらい、あたしという名のバイパスにおいて、本日の東京、渋滞ゼロです。

便秘っつー言葉がこの世にあるのを疑うくらいの、秒殺。
そして、ウン速の貴公子の名を欲しいままにしてきた私。

世の女子たちは「うらやましー」なんて黄色い声、聞こえてきてます。

それも当然。
あなたが男性なら、よく考えてみて下さい。

例え矢田亜希子レベルの美少女だとしても、三日分のウンコが詰まった矢田亜希子と、

ウンコ含有量ほぼゼロの私。

抗菌消臭 当たり前のこの時代、絶対、私のほうが好かれます。
チヤホヤされるはずです。

でも実際、人間のウンコ含有パーセンテージは公(おおやけ)に発表されない、目に見えない極めて内面的な(かつデリケートな)問題なので、

「俺、外見より内面重視だから」ってのが口癖の男性たちも、
よもや腸内環境までは視野に入れてないようで、

未だかつて、私がすこぶる快腸ってことを長所として、男性から好かれた試しはありません。
残念です。
すごいのに。
すっごい快腸なのに。


このように、他人に比べて、追随(ついずい)を許さないような、
まさに飛ぶ鳥を落とす勢いのある圧倒的な特技があったとしても、
それに対する価値が世の中で認められていなければ、
それはあまり意味がなくなってしまうのが、
現代社会の悲しいところです。


「お前にはお前にしかできないことがあるよ!」とか
「お前にしかない長所があるよ!」とか
肩を叩いて励まされて、あいつったらイイコト言うなあ・・なんて思ってっとホント首取られっから。

自分にしかない長所ほど、厄介なものなんてないのです。




ってわけで、最初に戻ります。


日頃の鍛錬の賜物か、毎日すこぶる快調、っつーか快腸です、あたし。うん。

あたしのうんこのイイトコロとして、もう場所を選ばないことです。

そうです、天才というのは場所を選ばないものです。
いつ何時でも生み落とす準備はできてます。

あたしの腸は、多分、アスレチックプールの滑り台みたいなもんで、もうね、数々の盟友(うんこ)たちがヤッホー言って滑り降りていくんですよ。

しかも、立派になって!みたいな、もう母を泣かせる気満々の勇姿なんですよ。

でもね、私はそんな彼らの勇姿を見送りながら、思うんです。



『日本はあたしに狭すぎるのかもしれない・・』



これね、極めた者たちが一度はポロっと言っちゃうセリフね。

これで、このあと、大空とかをね見上げたりできればね、完璧なんだけど、私がこれを呟くのは申し訳ないくらいに、専らトイレの個室なんだよねー。

でね若干、さっきの「彼の勇姿を見送った」には語弊があってね、正直、いまいち見送りきれてないんだよねー。

いまいちっつーか、
確実に見送りきれないっつーか、
見送りは湿っぽくなるからいらねぇぜっつーか、

いやーなんつーか、もうぶっちゃけた話、ちっとも流れないんだよねー、こいつ。


今度こそ本当にさよならよ!なんてレバーをひねれども、あきらかに排水溝あたりに頭を打ち付けて戻ってくるんだよねー。
キャッチ・アンド・リリース。

ひどいときなんて、水の流れにすらと微動だにしないかんねー。
もうたたずまいは、巨匠。

でね、でっかいヤツがまた、いいヤツでさー、ちっちゃい奴らを守ってるんだよねー。
まさに牛若丸と弁慶。


もうね、段々、変な汗とか出てくるよね。
まぶたとかね、ちょっと痙攣してくっから。


でねムキになって何度も流すんだけど、
あれだよね、
タンクがまず限界を訴えてくるよね。

うちの村はもう一週間も雨が降らなくて・・みたいな水流になってくるよね。

ちょっとした小川のせせらぎ、みたいな。




したらね、外からガヤガヤ声がしてくんのね。

あきらかに4人くらいの男女の声ね。


家族でスキーに行く途中の山道の兼用トイレだったのね。


「もれそうなんだけどー(笑)」
「ユウジ超汚いからー(笑)」


もうね、何の運動もしていないのに、呼吸が荒くなるのが分かった。
心拍数が見る見る上がって行く。


外から楽しげなカップル達の声が扉一枚隔て、聞こえてくる。


「うんこしたらワリー(笑)」
「てめぇふざけんなよー(笑)」


・・・ごめん。


・・・ごめん、うんこした。


取り返しのつかない現実が、便器を占拠している。

ちっとも流れない。
ちょっとした戦艦大和みたくなってる。



ちょっとシュミレーションをしてみた。


1 何も無かった顔で出てみる。

もうね、その瞬間の女の子とか男の子の反応を考えると、カーってなった。
カーってなって、頬が震えた。
ので、このシュミレーションは中止した。


2 「なんか前の人のが流れないんですよー」という前の人のせいにしてみる。

これだ!
いい作戦だ。
無駄が無い。

天才がいた!
こんなとこにアイデアマンがいた!


私は意気揚々と外にでた。


「な、なんか前の人のが流れないんですよー」


ちょっと、噛んだ。
すっごい赤面してることも気付いてる。
でも、何とか、私は危機を脱した。


男女4人組は、おそるおそるトイレを覗き込んで大爆笑。

私は若干の恥ずかしさを覚えながらも、
「ね!すごいでしょ!困っちゃうよね」みたいな演技をカップルたちに向けた。


したっけ女の一人が言った。

「この前に入ってたのって高橋じゃん!」

一同「え?!」って顔。
高橋を知らない私も「え?!」て顔。

え?私の前に入ってたのも、あなたたちのお友達の方・・?


爆笑しながら男の子たちが外に飛び出して

「高橋ー!!おめぇ、うんこ流れてねぇよー!!」

と、高橋(であろう人)を呼んでます。


え、いいのに。
呼ばなくていいのに。
そっとしておいてあげなよ。


私は「してねぇよ!」と確認にくる高橋(容疑者)と入れ違うように、競歩を疑うような早歩きで外に逃げ出しました。






   このサイトも今日で二周年を迎えます。
   あたし、頑張ったなあ。
   あたし、かっこいいなあ。
   はなし、長いなあ。


  2005年12月28日   人気blogランキングへ

やっつけ仕事


やー見事に終わったねクリスマス。

ご苦労!お疲れー!

とりあえずね、あと1年はもうクリスマスの野郎の顔を見ないで済むと思うと、毎朝の目覚めも違うね!


もうさ、世間の女子同士で交わされる、「クリスマスどーする?」的な会話からも脱せられるかと思うと、もう、嬉しい通り過ぎて、ちょっと寂しくすらあるね。

クリスマスをどーするもこーするもね、まぁね、無いよ。
とりあえず予定は無い。

だからって、はい、そこで目を背けるなっつーの。
別にツライ話じゃないっつーの。
食いついて来いっつーの。

むしろ、こっからですよ。
理由を聞いて欲しいのは。

確かにね、他の人とかのね、一般の人たちとかのね、
そう例えば「去年は彼女と過ごしたけど、今年は1人なんだ」
とかはね、痛々しいよ。

でもね私の「クリスマス1人」はね、ちょっと違うわけ。

あたしの「クリスマス1人」はね、あれ、土から違うから。
農薬とか一切使ってないから。
普通の人がね、まぁ、買ってきてちゃーちゃーて作るとこを、
私はね、ダシから作ってる「クリスマス1人」だから。

よくね、あたしの「クリスマス1人」はダシが死んでないって言われる。
あたしの「クリスマス1人」はコシが違うよね、コシが・・って・・


・・・ああ。



つーかさ、同じアパートに職場の後輩が住んでいて、彼女は私の部屋の隣の隣なのだけど、なんつーか、もう鬼のように彼氏を連れ込むんですよ。

もうね、バリューセットかっつーくらいね、まず付いてくるんですよ、彼氏。すっごいお得感。

うちのアパートの風紀乱しまくり。

あたしなんかね、この前、思いっきり作者不明の変なイラスト描かれたトレーナーで後輩の彼氏らしき人と同じエレベーター乗りましたし。

もうね、プライバシーとかね、ほんとさ!



で、その後輩がね、

「加藤先輩っていつも1人ですね」

みたいなことを言ってきたのでね、


つーか、いつもってどんだけアタシが一人ぼっちのとこ目撃してきたのー!なんて、ちょっと赤面しつつも、

もうね売り言葉に買い言葉ですよ、


「あ、あたしは連れ込むよか、連れ込まれる派だから」


みたいなことをね、言っちゃったわけですよ。この口が。
25年間連れそってきた、この口が。

言われた彼女もびっくりなら、言った私もびっくりですよ、口の軽率な発言に。

おめぇ、見てたよね、って。
25年間、見てきたよね、って。
なんかの見間違いじゃない?って。

私がそんなド派手な派閥に属してたかどうだか、
もう一度ゆっくり考えてごらん、って。

したっけね、口のヤツ言うんですよ、「2つに1つじゃないですか、こういうことって」って。

だからまあ、万が一彼氏なんかができたとして、加藤さん的にじゃあどっちって、
まぁさ部屋とかね普通にジャングルなわけで、
ほんとベットサイドなんてまさに方位磁針とか利かないレベルになってきてるわけじゃないっすか。

そんな場所にね、人なんて連れ込んだら、ちょっとした遭難とかがね、もしくは恋人としての心の遭難なんかがね、起こってくることも間々あるわけで。

「「連れ込まれる派」であることに一縷の嘘も無いわけです。」
                      (口、談)


なるほどね。
そういう解釈もあったよね。



なーんつって、るんるんで部屋について


あ——————————————————ですよ。


クリスマスどうすんのー!
クリスマスどうすんのー!
クリスマス、どこいればいいのー!

あたし泣く子も黙るカド部屋なんですよ。
いるか、いないかが一目瞭然なんですよ。


く、クチの野郎ー!


口は災いのモトとは、よく言ったもので、

昨日のクリスマスはずーっと電気消して、家に居ました。


東京のくせに、結構、星がキレイでした。





とか、しんみり言おうと思ってたんだけど、

この日を宮崎駿コンプリートデイとして、「おもひでぽろぽろ」「となりのトトロ」「魔女の宅急便」「天空の城ラピュタ」「耳をすませば」「風の谷のナウシカ」「ハウルの動く城」などなどを、暗い部屋で、もうひっきりなしに見まして、


こうね、「彼氏」とかね「もこみち」とかね、

だからなんだっつーの?

くらいの、でっかい気持ちになってみました。


クリスマスなんて、ちょろいちょろい。



  2005年12月26日   人気blogランキングへ

12月の詰め将棋


友達に新しい彼ができたので

じゃあ写真見せろや って言ったら

得意げに出してきた。

いやー、すこぶる用意周到過ぎて確信犯。


その写真が、まぁ・・、ディズニーランド?らしきところで軽くツーショット写真。


(いや、つーか絶対ディズニーランドだけど、
 つーかこの後ろに写ってるマルっぽいオブジェは
 ディズニーシーであることは間違いないけど、
 そんくらい私だって一目でわかるけど、
 絶対「これディズニーシー行ったの?」って聞きたくない!)


で、友達としては、早く聞いて、これディズニーシー行ったの?って聞いて!っつー顔まんまん。

でも私は絶対聞きたくない、
しかしそれ以外にこの写真に対し何の感想も浮かばない、
でも言いたくない、
これ言ったら負ける気がする。


という、女同士の緊迫する一瞬の中、

後輩の女の子が無邪気にこの前戦に突入してきて、

「わぁーこれディズニーシーですよねー!」

って、もうあんた!
これだら、二十歳前後の子ってのは、
こういう女同士の話したい!聞きたくない!の攻防が全然わかってない!

「あーわかっちゃったぁー?そうそうシーに行ったんだぁー」

ほらー、始まっちゃったじゃない!
シー話。

もうこれから、彼女の口からハーバーサイドクリスマスがこれでもかっつーほどのパレードを繰り広げちゃうよー。

って思った瞬間

「実は、私もこないだ彼氏と行ったんですよ、シー。もう超きれいで、超感動ですよねー。でーミッキがぁー」




鹿




2人は一気に団結し、ディズニシーの素晴らしさに付随(ふずい)した形で、冬に彼氏のいる素晴らしさを存分に語り尽くしたあげく

「ハイネも絶対行きなよシー、すごいから、価値観変わるから」



鹿





行ったことあるよ。

つーか、今、目をキラキラさせてるあんたと行ったはずだけど。
そしてカップルの波と抱擁に引き裂かれながらブラヴィッシーモを見て、
もう二度と来ねぇシィー!
って叫びあったはずだけど。


でも、なんか、写真に写ってた彼氏が、なんかレーザーラモンのマネっぽい、でもなりきれてない、土壇場で自分を捨てきれてない素振りで写ってたので、

ちょっとだけ微笑ましく見守っていくつもりです。


  2005年12月20日   人気blogランキングへ

イブの采配

正直、こんなにモテナイとは思わなかった。

団体戦(合コン)はおろか、一騎打ち(紹介)に至るまで、
全ての面において、伸び悩み。

洋服の襟元に間違ってウンコでも付いてるんじゃないかって疑うくらいの防御率。

これはもうね、絶対におかしい。
裏に政治的なものすら感じている。

そのくらい、国会レベルでモテナイ。


「好きな人に告ったけど振られてしまった」
というモテナイレベルを超え、
ついに、先日告ってない人にまで振られた。


や、地元の飲み会の最中、
私はさ、最近見た「ハリーポッターと炎のゴブレット」について、なんと炎のゴブレットらしきものの演技つきで解説してたわけ。


「でね、対抗試合も終盤!ハリーが勝つと思うじゃん?ところがどっこい、ハリーはそのすべてがワナだったことに気がつくわけ!でっ!」


みたいな、紙芝居屋でいえば、子どもたちが息を呑むであろう、その瞬間だったと思う。


地元の男友達の一人が


「ごめん、今気づいたけど、おれ加藤にほんと興味ねぇや」


今、気付いちゃったーーーーー?

いやー、気付くにしても、もうちょっと先か、もうちょっと、せめてこの話が終わった段階で気付いて欲しかったー。

つーか、今気づくべきは、ハリーをワナにかけようとしたのが誰かっつーことだし。
そんな赤裸々な地元の男女関係についてじゃないし。
むしろ私がいない場所で気づくのがエチケットだし。

しかも、今してたの私の話じゃないし、ハリーポッターの話だし、あいつの話だし、おめぇが興味ないのは、私じゃなくてハリーなんじゃないかっつーことについて、ちょっとは考えてくれたー?

つーか、このタイミングで私にハリーの話つづけろって、すげぇ過酷な使命だし、
でも打ち切るには、すげぇ中途半端だし、あたしゴブレットの顔真似の途中だし。

でさ、地元の他の方々も、思わずシンとしてるわけですよ。

で、思いっきり発言権が私のターン。
みんなが私の動向に(ハリーポッター以外の話題で)注目。
ライフカードを広げたくなる瞬間。
あー「webに続く」って、なりてぇー。

でも、まさにリアルタイム。
今、今の心境を求められてる。
どう出る?
どう出る私。



「いいって!いいんだよー!
 あたしたち友達なんだから興味なくて全然いいんだよー!
 で、炎のゴブレットの奴がさー」



乗り切りました。

このセリフを、今年度のMVPにしたいと思います。


いやー、そうそう言えたセリフじゃないと思うんですよ。

告白する場において、振られる事ってのは想定の範囲内で、
その返しのセリフ、
例えば「今まで通り友達でいいから」とかはね、
大体シュミレーションとして構想されてるんですよ。

でもね、告ってもいない相手から突発的に振られる場合ってのは、
まぁ女性にしてみれば非常事態ですよ。
それをね、すげぇ優雅に、ある意味エグゼクティブに、私は乗り切っちゃったわけですよ。

私のレベルもここまで達したかと、まさに感無量です。


で、気付いちゃったんですけど、
モテナイ生き方というのは、実はすげぇテクニカルだなあと。

なんつーの、難易度って言うんかな。
あれが、すげぇ高けぇ。

例えば、「ぷよぷよ」にしても「マリオカート」にしても、難易度を設定するわけだけど、
モテナイっていうことは、まさにすげぇ難易度がハードなわけですよ。

そのステージを体感してから、
まあキムタクとかをね、見るわけ。

したっけ、もうクスって出る、クスって。
ちょっと口元で小指立ててクスですよ。

なにあれ、すげぇぷよぷよ落ちてくんの遅せぇー!
クッパ全然あたりが甘めー!

で、自分の面に戻ると、もうすげぇ おじゃまプヨとか振ってくるし、
ドンキーとかコーナーに一列でバナナの皮とか置いてくるわけ。
あのピーチ姫ですら、すげぇ性格わりぃ。

でも、そんな中で結構いい勝負をしてる自分がいたりして、
まさに自分の技量に酔う瞬間でした。



つーか、その後、例の地元の友達から電話があって、

「おまえのさ、ゴブレットのモノマネ、似てねぇ」

「あ、見に行ったの?」

「ゴブレットって、魔法の木杯のことじゃん」


結構、ゴブレットの奴が大暴れしてた。ってのが、私のハリーポッターの感想だった。

つーか、ハリーポッター、まだ見に行ってなかった段階で、解説を求められたので、ついつい調子に乗って自分なりのハリーを表現しちゃってた。

でも、わざわざ見に行くなんて、こいつ・・もしかして・・あたしのこと・・

「・・な、なんだ、言ってくれれば、私も見に行きたかったのに」

「は?彼女と行ったし」



テクニカル。


___________________________



あたしのマリオカートはとりあえずシューマッハとかライケネンとか出てくる。

でも、結構、負けてない、と思う。


  2005年12月10日   人気blogランキングへ

発進!


ちょっと、そこの君、んーってしてみ、んーって。


昨日、地元の友達と飲んでたら、
その子がいきなり

「あたしの彼氏さー、キスするときの顔が変」

っつー話になって、

つーかキスの時の顔なんて一々チェックしてねぇっつー話になって、

そういえば、あたしたちもどんな顔してんだか自分じゃわかんねぇなってことになって、


「キス待ち顔」選手権(うちわ)が急遽開催されることになったんですが、


私はこっそり席を立ちました。



こないだ仕事場の後輩に合コンに誘われました。

私は、まあ仕方なく、あくまで可愛い後輩たちの引率として、

「ちょっと、悪いけど、今日だけ同期ってことで」

(後輩たちは思いっきり親指立ててグーなんつって)


そう、引率してきたわけですが、

男の子「いやー22歳なんてめっちゃ若くねぇー?」

後輩達「あははー」

男の子「で、ほんとのとこ加藤さんはいくつなの?」

後輩達「加藤先輩も22ですよー!」

ああ、可愛い後輩。
おもいきり先輩言っちゃってる。先輩言っちゃってる。



したっけ、場の盛り上がりもそこそこに

「ポッキーゲーム!!」

なんつって、出ました。


ポッキーゲーム・・・っ!!!!


あの20?にも満たない棒菓子の先端と先端から、男女で折らずに食べ合ってくあのゲームっ?!

だって、それは、だって、き、キス、じゃないですか。
知り合ってまだ数分も経たないのに、キス、じゃないですか。

私は、こんな汚らわしいゲームにうちの可愛い後輩達が餌食になったら大変と、この身をはって立候補するしかないじゃないですかー!


んで、もう、あたしは生け贄の気持ちで、
みんなを守るつもりで、
まあ、満を持して んー しましたよ、んーて。


したっけ、男性陣大爆笑。

大爆笑しながら、ヒーヒーなんか言ってるので、耳を澄ませてみました。




「駆逐艦」 (くちくかん)



耳を疑いました。


仮にもキスする乙女の顔を見て、軍艦呼ばわりって!
ペリーあたりが万が一のってたら、
私がキスを迫る度にあちらこちらで開国。



まぁね、今まで散々、寝顔が真鯛に似てるとか、
笑うと梅干しみたいだねとか、
結構ギリギリ人類みたいな線で今までやってきたわけだけど、

駆逐艦ー!


ついに私にも機械化のメスが入った瞬間でした。
ちょっとしたマニュファクチャー !



合コン後、可愛い後輩たちが必死に

「加藤先輩は人間ですよ!」

って励ましてくれたけど、

そんなことをワザワザ念を押して確認すること事態が失礼だって、

誰かこの子達に伝えてあげてー!


  2005年11月30日   人気blogランキングへ





< 次へ | メイン | >