- Menu -
8月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
過去の記事
2004年08月
2004年07月
2004年06月
カテゴリー
雑記
SAgANTOSU
お馬さん劇場
CLIE使いひできち
こうさぎのひできち


■超絶技巧
これ、ちょっと凄すぎないかと、思うのである。
おいらもまだまだ修行が足りない、というか。そもそも、ワタクシ、ペンの持ち方がフツーのヒトと違うからなぁ。ちなみに、ワタクシは薬指にペンだこができます(^_^;


コメント(1)  Track back(0)
2004-08-12 22:45:02

■負け試合は書きたくない。
 で、京都へ行ったわけです。午前中仕事して、午後だけ休暇とって、猛ダッシュで東京駅へ向かい、のぞみに飛び乗って、京都で降りて、横断幕満載のバッグを引きずって西京極へ。四条駅の階段しんどいっす。でも、西京極駅は臨時改札が開いてて助かりました。

 西京極に着いた時、場内からはスタメン発表っぽいアナウンスが聞こえてきて焦るワタクシ。とにかくダッシュで当日券売場へ。
「アウェイ側のゴール裏ください」
渡されたチケットを握り締めて反対側のアウェイゴール裏へ。チケット見せて入ろうとすると…
「このチケットはA席ですから、入れません」
何ぃぃぃぃ〜い?まぁ、よく確認しなかったおいらも悪いんだろうけど、こっちは間違いなく「アウェイゴール裏ください」って言って買ったんだよ。ってなわけで、
「これ、ゴール裏くださいって言って、さっきそこ(当日券売場)で買ったんですけど」
と言ってみる。しかもおいらの格好はどこからどう見てもサガンサポ。これで入れてくれると思ったら…
「いえ、これはA席のチケットですから、向こうの入り口から入ってください」
ときやがりました。「向こうの入り口」って、さっき通ってきたところじゃないか。戻れってか。こっちは重たい荷物引きずって来てるんだよ。だってねぇ、間違えたのはオタクらの当日券売場のヒトでしょーが。別に不当に高い料金の席に入ろうとしているわけでもないのに。でも、何故か首を縦に振ってくれないし、「向こうの入り口」から入ってアウェイゴール裏へ行くのは構わない、というので、A席の入り口に戻ってみる。
 で、A席の入り口とやらに行ってみた。念のため入り口のヒトに確認。まぁ、同じ事を訊いたんだけど。「これ、ゴール裏くださいって言って買ったんだけど…」また押し問答。どっちの入り口の係員も、謝罪一言も無し。どうやら彼らの中ではおいらが悪者みたいですよ。アウェイの洗礼って奴かね(違)。まぁ、無事ゴール裏にたどり着けましたが。あー気分悪い。

 えーっと、肝心の試合内容ですが。
 前半:金返せ
 後半:行け行けぇ〜!
 後半ロスタイム:ショボーン

ってな内容でした。前半はサクっと先制され、ただ裏に放り込んでくるだけの京都の攻撃ともいえないような攻撃に四苦八苦。いくら相手の2トップが強力だとしても、ひたすらリベロの佐藤陽彦とGKのシュナイダーが他のDFの尻拭いをしているような展開。終了直後にもう1点取られてハーフタイム。あービールがまずいよう。
 で、後半。流石に点を取りに行かなければいけないサガンは攻勢に転じて…おー、なんだかウチのペースじゃないの。それでもなかなか点取れず…イライラしてきつつあった時間帯に竹村が反転してシュート!まずは1点返す。
 もう運動量でサガンを凌駕しつつあるサガンはさらに攻勢に出るもサンガのディフェンスを崩すには至らず、逆に前がかりになったところでカウンターを決められてジ・エンド。
 前半終わったときはどうしようかと思ったけど、後半は光明が見えた…かなぁ。まぁ、何で90分間それができないのか、ってのもあるけど。
 で、その日の夜行バスで帰ってきてお仕事。しんどいです。


コメント(0)  Track back(0)
2004-08-12 22:09:24

■カメラが欲しい
 あんたまた買うのかいと言われそうだし、
 お、ついにデジタル一眼レフですか、とも言われそうだが。まぁ、確かにOLYMPUSのE-1は魅力的ではあるけどなぁ。従来のOMマウントのレンズが使えるアダプタも用意されてるみたいだし。

--
 ちなみに、今、手元にあるカメラ

  OLYMPUS OM-4
  OLYMPUS OM-40program
  OLYMPUS C-40ZOOM(Digital 4mega pixel)

  Nikon F2

  SONY NX-70V(Digital 0.3mega pixel)
  Toshiba A5504T(Digital 1.3mega pixel)

 まぁ、最後の2つはオマケですが。PDAと携帯電話にくっついてる奴だし。

 ついでにレンズ。

  ZUIKO 24mm f2.8
  ZUIKO 50mm f1.4
  ZUIKO Macro90mm f2
  ZUIKO 200mm f4
  ZUIKO 300mm f4.5
  ZUIKO 30-70m f3.5-4.5

  NIKKOR 50mm f2(Non Ai)

 なんとも前時代的というか、中途半端というか。
 でも、携帯電話とPDAにくっついているカメラはワタクシ的にはカメラとして使ってないですねー。複写機というか、何というか。そんな感じ。後の文章を読んで頂ければその辺ご理解頂けるかも。
--

 まず、その辺を散歩するのに持っていくカメラが欲しいなぁ。ちっちゃくて、まぁ、ソコソコ写ればそれでいいや。何というか、細かいことを気にせずバッシバッシとシャッター切れちゃうようなノリ。

 条件はある。
 シャッターのタイムラグが少ないこと、撮りたいときにすぐに準備ができること、バッテリの保ちがよいか、もしくは電源を使用しないこと。専用バッテリじゃない方が良いな。明るい単焦点レンズがついていればなお良し。ズームはいらない。

 …いわゆるコンパクト機のデジカメって、軒並み条件を満たしてないな。OLYMPUS Penでも中古でゲットするか…っていつまで使えるんだろ。モルト張り替えればまだまだイケルのかな。そう考えると昔使っていて失くしてしまったFujiのTiaraは良かった。中古探そうかな。ちなみに似ているようでもTiaraZOOMは駄作。あんなに太らせてどうする。

 そういう意味では、デジカメ全盛ではあるけれど、未だに1960年代の銀塩カメラにすら敵わない部分って多いよな、と、思う。まぁ、電源はしょうがないにしても、だ。

 だんだんとLeicaのM3なんぞをありがたがる人々の気持ちがわかってきたというか。ああいうカメラ、無いかな。って、日本じゃごく一部の人にしか売れないんだろうな。流石にLeicaにあれだけのオカネを出す余裕は無い…。そうだ、そう考えると安原さんちのカメラはは魅力的ではある…なんて書いてるそばから…ああぁ。とか言ってるそばからレンジファインダーのデジカメが出てきましたが…。お値段30万か…。だったらしっかりしたデジタル一眼を買った方が…。うぅ、世の中の有為転変は…。

 動画なんて撮れなくてもいい。スチルの一瞬に賭けたい。一瞬に賭けるのだから、撮りなおせなくてもいい。それが写真だから。撮り直している時点で、それは別の瞬間であり、別の写真。自分だけのお気に入りの一瞬ってのを捉える楽しみ、それこそが写真の楽しみ。自分だけの一瞬をものにする、そのプロセスも大事にしたいのだ。だからマニュアルでピントを合わせるのも、露出を考えるのも、ズームレンズに頼らずにレンズ交換したり自分で動いて構図を決めるのも、やって当たり前のことだし、苦にならないし、楽しい。
 Photgraphってのは真を写すという意味ではなく、光で描くというのが本来の意味。写真好きだけど、Photographが好きだから、写すのではなくて、描きたい。だから、コピー機みたいなカメラは、要らない。光の絵の具でフィルムというキャンバスに描くための絵筆のようなカメラ、が、欲しいのだ。

 で、具体的に…何だろう。欲しいカメラって。どうなるんかな。

 今メインで使っているのはOLYMPUSマニュアル銀塩一眼と、同社のデジカメ。
 一眼レフは流石にあちこちにトラブルが出つつあって…。まぁ、いいカメラなんですけど。撮り手の思いを具現化してくれるっていうのかな、そういった思いを絵にする過程を楽しませてくれる機械ですが、流石に20年経ってますからねぇ…。
 デジカメは…起動に時間がかかるのと、電池の保ちがよろしくないのと、やっぱりシャッターのタイムラグが。スマートメディアってのもちょっと…。そういえば128Mの奴、オシャカになったままだ…。

 ってなわけで。

 一眼レフデジカメだと、価格的にはEosKiss、バランスを考えればNikonD-70なんでしょうか。まぁ、ボディのサイズなんぞを考えると、先に書いた「ちっちゃくてそこそこ写れば」と矛盾しますが、それはそれとして。
 冒頭にも書きましたし、持っているカメラの一覧をご覧頂くとやっぱりなって話ですが、OLYMPUS党としてはE-1に惹かれる。だけどお値段が…。ま、まだ1機種しか出てきてないので、入門機的な廉価版もでてくるかもしれないし、しばらく様子見でしょうかねぇ。レンズも買わなくちゃいけないだろうし。…OLYMPUSの11-22mmが気になってしょうがない。でも、やっぱり望遠も欲しいような。競馬や野球、サッカーの写真も撮ってみたいし。

 うむ、単純に思いつくままに欲しいカメラを並べてみるとどうなるんだろう。

  Nikon FE2
  Nikon F4s

 ヒネクレモノと言われそうだけど、F3は嫌いなの。

  OLYMPUS OM-1n
  OLYMPUS OM-2S/P

 同じく、OM-3にはさほど魅力を感じないんだよなぁ。

  CONTAX Aria

 これ買ったらレンズ揃えるの苦労しそう…。

  OLYMPUS Pen

  OLYMPUS E-1

 とまぁ、こんなところでしょうか。
 レンズは…今持っているボディがOMなので、その系統に限られるけど。

  ZUIKO 35mm f2
  ZUIKO 40mm f2
  ZUIKO macro 50mm f2
  ZUIKO 100mm f2
  ZUIKO 135mm f2.8
  ZUIKO 65-200mm f4

 ってあたり。

 大口径の望遠も欲しいけど、まぁ、それほどでもないので。300mm f4.5とか、200mm f4で充分。いまのところは。
 別に純正教信者ってわけじゃないけど、レンズメーカー製のってボディと合わせてもしっくりこないんだよなぁ。ピントリングが逆回転だったりして。

 あー、そいやブローニーのカメラも欲しいな、密かに。プラウベルマキナ、とか。

 古いマニュアル銀塩一眼レフ、の良いところは、用途やノリに応じて、モードラ付けたり付けずに使ったり、交換レンズを何本も持っていったり持っていかなかったり、そういった、装備の自由度があるってのもある。デジカメには、今のところそれがない。殆どのデジカメはオールインワン的、つまり全部入り、だけど、それは本当の意味の全部ではない。自分にとっての全部、ってのは常に変化するしね。あーそれからね、今のデジカメのスペック競争にはもうウンザリ。何が必要で、何が不要なのか、ってのはしっかり見極めたいです。

 …どーでもいいけど、勢いで書いただけあって長いな。

コメント(0)  Track back(0)
2004-08-12 19:01:46

■常磐方面ってどーでもいいんだね、きっと。
 っちゅーわけで京都へ。平日なのに。もう廃人ですな。

 首都高クソ渋滞(だから小菅のあたりなんとかしろ)のため、JRを選択。バスで土浦まで出て(このバスがまた…560円はボッタクリ。東京までの高速バスが1,250円なのに)…って土浦に着いたら着いたで、土浦停車の特急はちょいと前に出てしまっており、その後の普通で目指すは上野。久しぶりに常磐線に乗ったけど、沿線にはやたらと
「常磐線東京駅乗り入れ実現」
な看板が目立つねぇ。個人的にはそんなに有り難くないんですが。新幹線に乗る人以外メリットないでしょ。しかも、乗り換えが1回減るだけで、実質的な所要時間は大して変わらなさそう。現状では都心に行く人の半分位は北千住で乗り換えて千代田線利用、ってな感じ。東京駅自体は地下鉄への乗り換えが大変なので、案外不便なんだよねぇ。そういえば、つくばエクスプレス(常磐新線)も東京駅乗り入れ(こちらは大深度地下で)をブチ上げてたなぁ。大深度地下…凄く不便そう。まぁ、未だに「東京駅に乗り換え無しで行ける」というのにステータスを感じるってなカビが生えた思想の持ち主が沢山いる、と。そういうことでしょう。羽田空港まで伸びればまだ利用価値があるかもしれないけどねぇ。
 っちゅーかですね、土浦〜上野間で、普通だと70分以上かかるんですが、特急だと40分くらいです。同じようなことが例えば九州の博多〜小倉間でもいえるんですが(って、双方の都市圏の周辺人口を考えるとアレですが。新幹線もあるし。)、こちらは高速バスって競争相手もいるってのもあって、JR九州として積極的に特急の利用をアピールしてます(まぁ、快速乗っても1時間ちょっとですが)。2枚きっぷや4枚きっぷなんて回数券があり、それを使えば普通運賃とそう変わらない値段で特急の自由席が利用できるわけで。それにひきかえ常磐線(=JR東日本は)は…。こっちだって特急料金を払うのは吝かではないんですが、もう少し何とかして欲しいですなぁ。上野駅の使いにくい地平ホームに特急引き込んで中間改札作って特急料金搾り取り、さらにその中間改札には精算所の何もないので、事前に時間がない等の理由で特急券買えないと殆どの乗客が捌けるまで待たされて、やっとこさ精算ってのはいい加減にしてもらいたい。車内精算ができればいいんだけど、車掌も来ないし。JR九州なんて、博多〜二日市間で車掌回ってくるぞ。
 きょうび、特急列車といえども事前に切符を用意して準備万端整えてから乗るなんて敷居の高い列車ではなくなっていて、気軽に飛び乗るようなモノになってしまっているのだから、それ相応の対応ってのがある筈だと思うんですがねぇ。
 もう、何というか、
「あー、常磐線って、カネ落としてもらってねーなー」
って感じですねぇ。JRとして、特に手を入れている感じが全くない。ダイヤも料金体系(まぁ、これは取れる所から取ろうってことか)もそうだし、車両のボロさ加減もそう(流石に近年中には新車に置き換えるらしいですが)。そういえば首都高の6号線もそうだなー。手のつけようがないのかもしれないけど、年中渋滞している小菅付近なんて何年放置プレイなんでしょうか。何というか、茨城というかあっち方面のアクセスって、まったくもってダメダメですね。つくばエクスプレス(=常磐新線)もどうなるんだか。基本的に公共交通を軽視している地域なので、いい加減にやられそうでねぇ。今から憂鬱。

 で、交通機関やら地域性に対するの愚痴はこの位にして…って長いですね。おのれツクバ。

 あー、そういえば。JR東海の機械だからしょうがないんだろうけど。東京駅の東海道新幹線の自動券売機、Suicaにも対応してくれよぉ。いちいち窓口へ並ばなきゃいけないのはシンドイですよ。

 さて、本題です。冒頭に書いたとおり京都へ行って来ました。何ってアナタ、サッカーでんがな。京都パープルサンガvsサガン鳥栖でんがな。
 えーっと、試合内容については別記事で。とにかく疲れた。

 ↓こうさぎが妖しいこと書いてますが、おいらはMじゃないです。多分。

コメント(0)  Track back(0)
2004-08-12 18:51:36

■たった2行の観戦記(こうさぎ)
ひできちは、mしたかったみたい。


*このエントリは、こうさぎの「ひできち」が書きました。


コメント(0)  Track back(0)
2004-08-11 10:35:22

■ムテキノホシ
と、いうわけで。
格上の馬を蹴散らして、スパーク賞限定無敵のムテキノホシが見事にサマースパーク賞を制覇。
何というか、ここまで極端にスパーク賞巧者だと…
中央交流レースを800mで開催して、ムテキノホシで迎え撃つ、というのはどうだろう。例えばとちぎマロニエCを800mでやってみる、とか。あー、JRA馬は来てくれるんだろうかそんな条件で、なんて思ったりもしますが。

ところで、北関東Hot競馬ですが。
ドラゴンキャプテンJRA移籍ってのがとっても痛いというか、まぁ頑張れ、としか言いようがない。寂しいけど。
でも、JRAに移籍ということになると、確かにJRAでのレースには出やすくなるんだろうけど、馬が紹介されるときは単なるマル地の馬ということになって高崎の宣伝にはならないんだろうなぁ、とか。
JRAに挑戦するならば高崎に在籍のままという形の方が、北関東ファンであるワタクシにとっては当然ながら好ましかったわけで。
まぁ、ドラゴンキャプテンの戦績を考えれば中央でも十分やれるだろうし、移籍は当たり前と言われればそのとおり。賞金額も全然違いますし。だけど、おらが街の競馬で一番強い馬を失った寂しさ、というのはやっぱりあるわけで。
こうなったら、北関東競馬のファンたちが熱望したフジエスミリオーネとの対決を是非フェブラリーSで、なんて思ったりしてる今日この頃。あ、ドバイでも可。そりゃまぁ、ブリダーズカップでもいいけど、アンバーシャダイ産駒とかエイシンサンディ産駒は出られるんだろうか。

とか何とか書いてみたら、ムテキノホシよりドラゴンキャプテンの方が沢山…まぁいいじゃないか。

…それにしても、何だか疲れてる。眠いし。ふわぁぁ。…って、ここんとこマトモに寝てなかったりするので、今日は早く寝よう。水曜は夜行日帰りで京都だし(苦笑)。

コメント(0)  Track back(0)
2004-08-09 23:56:31

■たった2行の観戦記
大宮行ってきました。立ち直りつつあるけど、何かが足りない。
えーっと、森田、変わってなかったです。

コメント(0)  Track back(0)
2004-08-09 07:56:47

■アイビスサマーダッシュよりもスパーク賞!
 宇都宮には古馬で800mのレースなんてものがあるです。まぁ、名物レースといっていいでしょう。独特の面白さがあります。
 これ、スパーク賞といいまして、かつてはC4などの下級条件でしかやらなかったんですが、今年から、4半期ごとにC1クラスでもやることになり、今度の日曜に
「サマースパーク賞(C1)」
というのがあるですよ。そしてそこにはムテキノホシ、という馬が出てくるんですが。
 この馬、クラスはやっとC4級を卒業して現在C3級ですが、スパーク賞巧者(というか、その条件でしか好走しない)として宇都宮ではなかなかの人気の馬です。
 なんと通算成績が4−6−5−26(4勝2着6回3着5回着外26回)なのに、スパーク賞に限れば3−2−1−1という巧者っぷり。しかも、たった1回の着外も4着だったり。
 C4級のスパーク賞を勝ってC3へ昇級してしまい、(従来は)スパーク賞の開催のないC3へ格付けされてしまったため、降級するまで勝てないんじゃないかと思っていたんですが、そんなところにこの朗報。

 形の上では格上挑戦です(しかもクラスが2つも上だ)が、800mの実績なら負けない筈。頑張れ!ムテキノホシ!

コメント(0)  Track back(0)
2004-08-07 08:10:48

■何が起こった?
えー、こうさぎ大活躍ですが。
酒好きをプレーしたり、TCKされたりする毎日を送っております。マジでマジで。

今ですね、部屋でスワローズvsナベツネを観戦中なんですけどね。ナイター祭りとやらなんですが。これ、我がスワローズとしては鬼門というか何と言うか。頑張れスワローズ。
っちゅーかですね、これ、一応神宮でやってるわけで、当然スワローズの主催なわけですよ。フジサンケイグループだって、実態はともかくとして、形の上ではスワローズ側に身を置く企業です…が、巨人礼賛番組と化してます。いつもどおりですけどね。アイロニックマン〜。

少年野球の皆様が招待されてますが、まぁ、どのチームを好きになるかは自由だとはいえ、オレンジと黒の組み合わせをこれでもかって見せ付けられると精神に異常をきたしそうになりますな。あ、いや、吉野家に罪はないんですよ。
っちゅーか、スワローズの攻撃時にシレっとCM入れちゃったりするあたりやっぱりアレですわ。

ところで、先ほど何の前触れもなしに左足の小指の爪がボロッと剥がれ落ちました。不吉…ってーか、何なんだ一体。

コメント(0)  Track back(0)
2004-08-04 19:47:20

■金満球団をぶっ潰せ!(こうさぎ)
きのうひできちが、TCKされた。


*このエントリは、こうさぎの「ひできち」が書きました。


コメント(0)  Track back(0)
2004-08-04 10:28:59

■東京の夏
 ネタとしてはちょいと鮮度がアレなんですが、やっぱり書いておく。
 というか、職場で昼休みに書いていたテキストをアップし忘れていたのである。ぬぁぁぁ。

 結局、都立高校の甲子園出場はならず。我が母校はベスト16で散ったものの、西東京では26年ぶりにベスト4に2校も残り、それぞれの戦いぶりもなかなかのものだっただけに、枕を並べて討ち死に、というのはショックである。
 都昭和、頴明館の関係者には悪いが、西東京決勝は日大三vs都国立を予想していた。単純に考えれば甲子園出場経験がある2校が有利だろう、というのがひとつ。都国立vs頴明館に限って言えば、恐らく、少なく見積もっても球場の観客の7割は国立側につくことが予想されたからである。まぁ、日大三の力はここまで来ると選手層も相まって1枚上ということもある。
 実際、現在まで西東京の都立高校で唯一甲子園経験がある国立が戦った79年の決勝(対駒大高)の神宮球場は異様な雰囲気であったという。東東京だが、都雪谷が甲子園出場を決めた時の神宮も9回に雪谷が勝ち越すと一気に球場全体が押せ押せムードになり、大会屈指の好投手であった二松学舎のエースがいとも簡単に崩れてしまった。
 しかし、冒頭に書いたとおり西東京の都立高校はついに準決勝で力尽きた。ある意味伝統校であり有力と思われた(事実シード校を2校撃破している)都国立は新興の頴明館に大差のコールドで敗れ、苦戦が予想された都昭和が下馬評では圧倒的有利と目された日大三に最後まで食い下がり善戦するという内容だった。
 試合を観たわけではないので都国立の敗因はわからないが、近2戦はいずれも9回2死からの逆転勝ちという激戦で消耗が激しかったのかもしれない。西東京都立唯一の甲子園出場校という期待も重くのしかかってきていたのだろう。今回はプレッシャーに打ち勝った頴明館が良いチームだった、ということも勿論いえる。頴明館のエース山田はなかなかの好投手で、これまで序盤に沈黙しても後半(というか9回2死以降)に爆発していた国立打線に付けいる隙を与えなかった。

 ところで、頴明館高校だが、すげぇ設備を持っているのである。なかでも野球場は、公式サイト曰く
「西東京大会の決勝を意識して練習ができるように、両翼・中堅、そして球場の向きを神宮球場に合わせて設計しています」
とのことである。無闇にすげぇ。何なんだ一体。しかもユニフォーム妙に青いし。きっと甲子園で異彩を放つであろう…って、結局決勝戦で負けちゃったけど。

 ちなみに、東東京は都立高校がベスト8で姿を消し、修徳が代表の座に。最後まで残っていた世田谷工業は、今年限りで統廃合のため姿を消す。本当の最後の夏に14人の全員野球で健闘をみせた。
 その世田谷工業だが、23区内に位置する都立高校としては屈指の広いグラウンドを持ち、校地の狭隘に悩む近隣の高校には積極的にグラウンドを開放し、いわば、「高校野球サロン」のような場を提供していたと聞く。東東京で甲子園出場を果たした都城東もここで汗を流した。そんな世田谷工業の最後の夏、そこで汗を流した高校がこぞって世田谷工業をスタンドで後押し。数種類の制服やユニフォームに彩られたスタンドが見守るグラウンドで14人の部員が白球を追い続けた。その戦い、思いは、来春同地に開設される新設校に受け継がれていく。世田谷工業高校の名は消えても、その記憶は消えない。

 …何で都立都立って騒ぐのかってのは、他道府県民の方には理解しがたいかもしれないけど、それについてはまた後日。ま、ワタクシが某都立高校出身ってのもあるんだけど。

コメント(0)  Track back(0)
2004-08-03 23:32:26

■ミスターピンクへ定時でダッシュ!
昨日、大井競馬場では宇都宮競馬とTCKとの友好イベントでありました。
で、歌って踊れる騎手、ミスターピンクこと内田利雄騎手のライブもあり、まぁ、ほんの少しだけそのイベントに噛んでいることもあって、定時で上がって猛ダッシュで大井へ。
途中、首都高速の渋滞にイライラしながらも、ギリギリでライブに間に合って。

そしたら、主に東京競馬場でとってもお世話になった競馬つながりの仲間にバッタリ。佐賀競馬場以来っすね(笑)。…って、半分位私信ですねこの辺。

ライブの合間のトークショー、内田騎手の
「競馬場の中心で、存続を叫ぶ」
に、じわじわと感動。宇都宮競馬を応援する身として、もっとがんばらなきゃな、と思ったり。
ライブ自体も、最近のJRAなどで漂う妙なお仕着せ臭がしない、とっても良い雰囲気でした。ただ、ステージ周辺には宇都宮の「う」の字も無かったので、ちょっとわかりにくいというか何と言うか。
周囲のオジサンにも、
「あれは宇都宮の人なのか?」
「名前はなんていうんだ?」
「勝負服着ているけど、騎手なのか?」
なんて聞かれちゃいましたし。まぁ、一言説明すれば、流石にある意味ツウな人々が大半なのですぐに解っていただけましたけど。

イベントがほぼ終わって、軽く食べようってことであの周富徳のお店でチャーハンを。本人オススメの(笑)。めちゃめちゃ旨かったです。夕飯も食わずにいたからってのもあるんでしょうけど(笑)。

何だかね、JRA行った時よりもめちゃめちゃ面白いし楽しかったんですけど。
この日、実は東京の実家を早朝出てつくばで仕事して、また東京(大井)へ戻ってつくばへ帰るって形(つまり、1日で東京〜つくば1往復半)だったんですが、大井にいる間は全く疲れを感じさせない楽しさ。流石に筑波へ帰ったらバタンキューでしたけど。珍しくビールも焼酎もウイスキーも飲まずにね。

ってなわけで、ミスターピンクに会いに、宇都宮競馬場へGo!ですよみなさん。


コメント(0)  Track back(1)
2004-08-03 19:21:58

■ハトメはどこへ消えた?
っちゅーわけで、土曜日は都内を駆けずり回ってハトメの買出し…なんだけど、これがなかなか…。えーっと、ダイナマイト唐揚げ定食旨かったっす。
で、買えず刀で日曜日。ひたすらハトメ打ちヤマパン状態。でもトンカツ旨かった。

えーーーっと、さらに今日は強引に定時になったらダッシュで大井競馬場ですが(汗)。

コメント(0)  Track back(0)
2004-08-02 07:35:53

■と、いうわけで90分経ちました。
何なんですかこの実況、解説は。
レアルマドリッドがダメダメなときは言い訳三昧。実況は常にレアルレアルレアル。
ジェフ市原の選手の名前、何回呼びましたか?
マスコミがクソだと再認識しただけの90分でした。
あ、ジェフがすげぇいいチームだってのも再認識できましたけど。

ジェフが負けたとか、レアルマドリッドが勝ったとか、そういう問題ではなく。
自国のプロサッカー最高峰のリーグ、その中でも秀逸な戦いを見せてくれるチームを持ち上げないで、どうするんでしょうかね。わが国のマスコミは。まぁ、それに迎合しちゃう大馬鹿モノの存在が大問題なわけですが。

まぁ、別に年俸だとか移籍金で勝ち負けが決まるわけじゃないんですが。白い巨人とやらは大丈夫なんでしょうかね。少なくともコストパフォーマンスは心配したほうがいいんじゃないですかね
余計なお世話かもしれませんけど。



コメント(0)  Track back(0)
2004-07-29 21:01:42

■金満球団をぶっ潰せ!
http://www.asahi.com/sports/update/0727/137.html
まぁ、日本代表に興味を失いかけているとはいえ、わたくしも日本人ですから。
ジェフ市原を応援すべく、今日は定時で帰ってテレビ観戦です。えーーーっと、あまりのアホな報道っぷりにウンザリですが、音声絞って90分我慢します。そして、90分後にはジェフ市原イレブン、そしてオシム監督の笑顔を見たい!

コメント(0)  Track back(0)
2004-07-29 18:55:37

■一体どうやるんだ。(こうさぎ)
hideで、トンがプレーした。


*このエントリは、こうさぎの「ひできち」が書きました。


コメント(0)  Track back(0)
2004-07-28 10:27:40

■一体どうやるんだ。
ウイントスとじゃんけん大会
ちなみに、ウイントスとはサガン鳥栖のマスコット。カチガラス(かささぎ)という鳥がモデルで、こんな奴なんだけど。
えーーっと、チョキだとかグーだとかパーはどうやって出すんですか?
行きたい、凄く行きたい。気になる、凄く気になる。


コメント(0)  Track back(0)
2004-07-23 20:31:22

■つかの間の第3学区旋風
さて、引き続き高校野球の西東京大会ですが。
ワタクシは某都立高校OBでして。今は学区があるんだか無いんだか知らんが、当時は第3学区って区域でして。その第3学区ってのは、杉並区、中野区、練馬区、なんですが、西東京のベスト16にその第3学区の都立高校が3校も残っているんでありますよ(というか、これを書いている現在では、残念ながら「残っていた」なんですが)。
中でも(手前味噌っぽいが・謎)練馬区の2校、都立井草と都立大泉がすげぇことになってて、大泉はこれまでの3戦すべてコールド勝ち(って相手にも恵まれすぎてますがね)、井草は緒戦の対都立石神井戦で9点差をひっくり返し、その次も逆転でモノにして、さらに都立の中では強豪と言われる国分寺を屠ってのベスト16進出なんである。ついでに(失礼)あと1校はイッセー尾形を輩出した豊多摩。
 で、どうなったかってーと3校とも討ち死に
 昨夜は「第3学区旋風じゃぁ」なんて言っていたんですが。ああぁ残念。
 ちなみに、初戦から3戦連続コールドで勝ち上がった大泉はコールド負け。一度も9回まで試合をすることなく夏を終えました。春の大会では敗れたとはいえ2−4だったので、もう少しいい試合ができると思っていたんですがねぇ…。
 豊多摩は強豪国学院久我山との井の頭線ダービーで大健闘。7回までリードし、あわや金星というところで追いつかれ、延長で力尽きました。
 井草もコールド負け。3度目の奇跡は起こりませんでしたが、西東京の都立で唯一甲子園経験のある都立国立(くにたち)(都立(とりつ)なのか国立(こくりつ)なのかハッキリしろと言われ続けてる)が、強豪法政一相手に9回2死ランナー無しから逆転サヨナラでベスト8進出。こいつはたまげた。
 で、本日一番の好カードと目された
「町田ダービー」
こと、桜美林vs日大三ですが、意外というか順当というか、5回コールドというあっけない展開で日大三の圧勝。好ゲームを期待して観にいった方も多かったと思うんですが…何も言うまい。
ここ何年か、創価高校に勝つと甲子園、というジンクスが西東京にはありまして。そうなると国立が有力なんですが。頑張れ都立高校。しつこいようですが、国立高校は都立高校です。

コメント(0)  Track back(0)
2004-07-22 18:07:46

■やきうざんまい。(こうさぎ)
きのうひできちが、酒好きをプレーしたいなぁ。
ひできちがデスクもゅしたかも。


*このエントリは、こうさぎの「ひできち」が書きました。


コメント(0)  Track back(0)
2004-07-22 12:56:51

■ペン回し
 えー、ワタクシのオシゴトはデスクワークが主でありまして。右手にペンを持っていることが多いのです。
 右手にペンを持って…気が付くと回している、という人は多いんじゃないかと思います。ワタクシもそうです。

 で、今日、ウチのサイトからのリンクを整理しつつあちこち彷徨っていて見つけたのですが、海の向こうにすげぇサイトがありましたです。国内のサイトだと、このへんが良いです。件の「すげぇサイト」もここからのリンクで発見しましたし、(恐らく)いくつかの技の名(万国共通!)はここのサイトで名づけられたものです。
 ちなみにワタクシは「Sonic」の使い手です。何故か「Nomal」が出来ないんだよなぁ…。

コメント(0)  Track back(0)
2004-07-21 22:21:57

Powerd by News Handler