2011-09-01

JALの乗務員が操縦席でエッチな撮影で処分 [ ブログ ]

日本航空の男性機長(51)と女性副操縦士(34)が飛行中の操縦室内で私的な写真撮影をしていた。

国土交通省は、操縦中の見張り義務を怠ったとして航空法に基づき、機長を乗務停止45日、副操縦士を同20日の処分にし、日本航空にも厳重注意した。

airplain-etc_AC050003_m.jpg

何となく気持ちはわかるんだよね。

操縦席で記念撮影・・さもありなんという話で、そんな処分するほどの事か?とも感じてしまう。

ルール的には、「飛行中の見張り義務を果たしていない航空法違反」に当たると判断されたということだけど、今時ほとんど自動で運行なんでしょ?

ちょっとくらいかまわないんじゃ?

と、ここで、「飛行中の操縦室内で私的な写真撮影をしていた。」の「私的」な部分に注目。

さらに、「男性機長(51)と女性副操縦士(34)」だから男と女。

えーと・・・・・

それはちょっといやらしい撮影なんじゃないですか。

なにしろ、海外の某航空会社でのとんでもない撮影が、大騒動を引き起こしたばかりだし。

【海外某航空会社の○×画像】

20110808-Cathay_Pacific_2.jpg

【さらに海外某航空会社の○×画像】

20110808-Cathay_Pacific_1.jpg

これ、なんてAV?

インターネット上では、ほぼ人物も特定されているようで、参考画像もある。

無題.JPG

すげえ美人だ!

だけど、操縦室は密室。

撮影の情報が漏れる事はないはず。

でも、国土交通省は処分をしている。

事実確認はどうやったのか、謎だ。

その謎を解くカギが、動画の流出。

ファイル交換ソフトなどを通じて、エッチな動画が流出漏えいしたらしいというのだ。

【流出動画が見れるサイト】

youtubw2011-2-450.jpg

これは衝撃的だ。

なんという、うらやまけしからん状態。

images.jpeg

経営再建中のJALにとっては、イメージ上のダメージが大きい。

いっそのこと、エッチなサービスも標準装備にしたら業績回復するかも、なんて思ってしまった。

Posted by ndjis at 2011-09-01 | コメント(0) | Trackback(0)