ミズイロバケツ

前のページへ
ちくしょう…

いっぱい書いたのに2回も投稿の段階で消えやがった。

・「ウィンブルドン」公式HP上がってます。
・「猟人日記」見たいです。ティルダ・スウィントンが見たいです。
・だいぶ前に「心の指紋」見たけど、感想書く前に記憶が飛びました。
・明日から開幕です。セレッソは明後日だけど。この寒さはキツイな…。
・来週のROOSTERのライブ、行くことにしました。タダチケもらったんで。
・T口君、間違えてお弁当持って帰っちゃってごめん。

こんなカンジのこと書いてました。
ROOSTER、チケ売れてんのかな?

コメント(0)| Track back(0) | 2005-03-05 02:57:00

運命を分けたザイル

もちょっと別の邦題は無かったもんかいなぁと思いますが、
それよりも、どうやって撮ったんですか?この映画。
監督さん…無茶しよんなぁ。
絶対「うあー山で撮るとか言わんかったらよかったー」て何回も思ったと思います。
それくらい凄いってことです。本当に圧倒される。
見てる間中ずーっと肩に力が入って、精神的に圧し掛かってくるものが大きい映画です。
登山をやったことの無い人からすると、そもそもなんで登るのよ?って思いますよね。
私も思ってました。わざわざ危険に突っ込んでいってどうするんだと。
でもねぇ、そんなことは問題じゃないんですよ、きっと。
うまく表現できないけど、やった者にしかわからないものが多いんだと思います。登山ってのは。

命を預けられるほどに信頼できる人なんて、そうそう居ないと思います。
少なくとも日常生活においては、それほど命をさらけ出す場面も無いわけだし。
何をもってして、そこまでの信頼になるんだろう。技術の高さ?過去の経験?
それとも、運命みたいなものを感じたりするのかしら。
2人を繋いだザイルが切られた時に信頼まで切れてしまうのかと思いましたが、
少なくともジョーは、そうは思わなかった。
クレバスに落ちたジョーが、ザイルの切断面を見て
サイモンが生きてると知って嬉しくなった、という場面がありましたが
断言できます。あたしなら絶対そんな風に思えない。
あんのクソ野郎、雪崩に巻き込まれてくたばりやがれ!と思うでしょうな。
だけどサイモンの立場だとしたら、ザイルを切ることが出来たか?
それも微妙。どうしようって迷ってる間に下も巻き込んで落ちていきそうだ。
それが一番やっちゃいけないことなのかもしれないなぁ。

生きる為に進んだんじゃない。死ぬ時に誰かにいてほしかった。
この言葉がすっごく印象的でした。1人で死ぬ寂しさなんて想像もつかないけど。
死を覚悟したとしても、そういうことを考えている間は
間違いなく生きてるってことなんですよね。皮肉というか、なんか、ね。

誰だったか忘れましたが、昔雑誌であるボクサーの記事を読みました。
対戦相手が試合のダメージが元で亡くなってしまったという人だったんですが、
町中で彼の姿を見かけることがある、と言ってました。いつも見られてるんだ、と。
映画を見た後にこの話を思い出しました。現在の2人は交流はあるんでしょうか。
パンフを読むと、この撮影の為に2人が山を訪れたとありますが、
この様子はDVDの特典なんかで見られるのかな。気になります。

コメント(3)| Track back(2) | 2005-03-03 20:48:33

コンビニにて

Sportivaの戦力分析?選手名鑑?みたいなのが微妙に笑えました。
ところどころ「やかましいわw」とツッコみ入れながらコンビニで立ち読みしてたんですが
店の有線でSavage GardenのTwo Beds and a Coffee Machineが流れてて、あ、と思いました。
私はこの綺麗で哀しい曲がかなり好きだったんですが、久しく聞いていなかったので。
歌詞を知った時は結構な衝撃でした。こんな歌もアリなのかって。
で、私はこの曲の、特にアコースティック・バージョンが大好きでした。
Danielのピアノ一本にDarrenの声が乗って、それはそれは綺麗で。
頑張って耳コピして譜面に起こしたりしました。(あれ何処にいったんだ。)

引退とか解散とか移籍とかって私がどうこう出来るものじゃなくて
私はそういうものに対する折り合いのつけ方がどうにも下手で困ってしまう。
見切りをつけなければいけない場面というのはどうしたって出てくるから
諦めるとか投げ出すというのではなくて、新しく歩き出す為のものだと、
そう本人の口から聞けたとしても、それでもなぁ、なんて思ってしまうのです。
だけどこれって只のエゴかしら。我儘かしら。
去年のカーリングはジュニーニョの笑顔がすっごく印象的で、
この人はずっとボロにいるんだろうな〜、なんて思ってたんだけどさ。

Two Beds〜と関係あるのかどうか、なんとなくSOUL ASYLUMのRunaway Trainが
聞きたくなってTUTAYAに寄ったんだけど置いてなかった。
ライブでMaryを歌うジェイクを見て「トーチソング・トリロジー」を見なきゃ!と何故か閃いたんだけど、
これは帰宅してから思い出したのでした。また借りに行こうっと。

コメント(0)| Track back(0) | 2005-03-02 00:17:16

まずひとつ!

チェルシー7季ぶりV
チェルシーがまず一冠、カーリングカップを制す
一歩も二歩も出遅れましたが、まずカーリングいただきました!ヤター!
開始43秒でリーセに先制されますが(これは大会史上最短だそうな)79分にジェラードのOGで同点。
そのまま延長戦に入り、ドログバ、ケジュマン(Jа Волим Те,Kezman!!)と決めて結局3−1!
うあー生で見たかった!とにかくおめでとう!

この試合、モウリーニョさんが挑発的なジェスチャーを行ったとして退席処分になっちゃいました。
ご本人はサポーターではなくメディアに向けてのものだとコメントしてますが、
残りの時間は控え室でテレビ観戦だったようです。
先日のバルサ戦でコメント拒否したり、ヒデミもFoot!で言ってましたが
冷静なようでいて実は人一倍熱い方なんですね。そういうとこスキよ(笑)

この勢いで来週のセカンドレグも勝ち抜けてもらいましょう。ほっほーい♪

コメント(0)| Track back(0) | 2005-03-01 11:50:52

たまには画像でも。

手元にある雑誌やら新聞からいくつか。
 
どうってことない写真だけど。      ブッフォン。粗くて申し訳ない。
好きだからいいのよ!

   
トーレス君。                王子の御身体ですよ。
モデルをやった時のものらしい。


顔の長さが隠れるとこうも男前かルイ・コスタ。


モノクロのは、せっかくの筋肉が見えにくいですねぇ;
想像力(妄想力?)でカバーして下さい。

コメント(0)| Track back(0) | 2005-02-27 18:32:25

Scissor Sisters@Club Quattro

行って来ました!楽しかった〜!!
そして自分の体力の低下を痛感…なさけな〜(笑)

ライブっていうより、もうショーって雰囲気でしたね。
アナ姐さんの喋りもジェイクのパフォーマンスも。
ジェイクは超〜カッコよかったですよ。衣装も素敵だったし。
立ち居振る舞いから踊りから、仕草一つに至るまで、とにかくエロいエロい。
腰のラインとか、もう見るだけで3人くらいこども産めそうな勢いでした。
(いろんな意味で無理。かなり無理。)
アナ姐さんもすっごくパワフルでキュートでゴージャスだった!
日本語もいろいろ喋ってくれたし。そうか…Bento Boxか。
みんな素晴らしいエンターテイナーですね。最高に楽しかったです!

大阪公演はチケット余ってるだ何だと言われてましたが、
蓋を開けてみれば、ちゃんと人は入ってました。
始まるまでは前から2列目くらいに居たはずなんですが、
メンバー出てきた途端、周りから押し流され押し潰され…。
ちょっと一瞬「圧死」という言葉が頭をかすめました。
下のエントリで背の低さで特別苦労したことは無いと書きましたが、
スタンディングライブではどう考えたって不利。
自分も前行きたかっただろうに「ココおいで」って場所を譲ってくれた
外国人の兄ちゃんの優しさに感涙。Thanks,Chris.
最後の方は結局また流されてしまいましたけど。

一番ステージに近いエリアは、とにかくすんごい人の密集だったんですが
その中でもガンガン踊ってきましたよ。頭振って。
Take Your ManaやMusic Is The Victimなんか演奏されちゃあ踊るなって方が無理。
あの1時間半で3日分くらいの体力使ったかもしれません。
にしても、新人とは思えないパフォーマンスでしたねぇ。
また来てくれるかな〜。フェスで見たいな〜。

やっぱライブはいいですね。ストレスどかーんと発散できるし。
KILLERSとROOSTER、迷ってたけど行きたくなっちゃったよ。
たぶん金欠と多忙の為欠席すると思うけど。くっ…(つД`)

追記:2ちゃんからセットリスト引っ張ってきました。自分の記憶用にも貼っておこう。

01. Laura
02. Better Luck Next Time
03. Tits On The Radio
04. The Skins
05. Magnifique
06. Rock My Spot
07. Mary
08. Comfortably Numb
09. Filthy/Gorgeous
10. Return To Oz

11. Take Your Mama
12. Bitch
13. Music Is The Victim  

コメント(6)| Track back(1) | 2005-02-27 02:34:49

見下ろすと見下すは違うのよ

Number買いました。
私は小さいからといって特別苦労したことはないしコンプレックスだとも思ってないけど、
体で勝負するプロスポーツ選手にとっては、やっぱり気になることでしょうね。
雑誌中ほどでモリシが素敵な写真とネタを提供してくれてますが(この人はホントに…)
いつだったか冬に津守に行ったとき、半パンで練習してたので
森島さん、半パンで寒くないんですか?って聞いたら「いや〜長いと裾が余ってまうんですよ」
と、いつものあの調子で言われたことがありました。
工藤ちゃんと嘉人もその日は半パンだったので妙に納得した覚えがあります。
私も牛乳は大好きだったけど、かろうじて150を超えたところで止まってしまいました。
小学校卒業時から2cmしか伸びてないんだな、これが(笑)

小さいことはいいことだ!
フランクフルトの本屋さんで、一番上にある雑誌に手が届かなくて唸ってたら
見知らぬおじさんが取って手渡してくれました。
ダンケ〜って言ったらハッハッハって笑って去って行きました。
でも雑誌は買わなくて、棚に戻せないから平積みの上に乗せといた。すんません。

小さいことはいいことかな?
トイレの扉の内側にある荷物掛けの棒。あれ時々「何考えてんの?」て
言いたくなるくらい高い場所に設置してありません?(笑)
設計したの絶対身長高い人だな、と思います。もう少しちびっこのことも考えて下さい。
ジャンプしてカバン掛ける時の情けなさといったら!

あ、そうそう。
最近はチェルシーを応援していると告白すると、嫌な顔をされることもありますが
私がチェルシーを見るようになったキッカケはゾラなんです。
アブラモビッチさんが目をつけたのもゾラがキッカケじゃなかったかな?
こないだのチャリティーマッチで惚れ直しました。素敵なオヤジ様だなぁ。

+++
Foot!見ました?コバさんの謙虚な発言に苦笑いしつつも
(トップ5いけますか?と聞かれ「まぁ無理でしょう。去年15位ですから」)
今年はなんと、今年はなんと(2回目)外国人が使えるらしいじゃない!!
楽しみですねぇ。開幕戦、神戸まで行きたかったけどヤボ用で…orz
それにしてもコケのしっかりした受け答えにちょっと感動。
そうっすね、とか、頑張ります、だけじゃなく、ボキャブラリーが豊富でした。
取材し甲斐のある選手じゃないですかね。期待してますよ〜!

コメント(4)| Track back(1) | 2005-02-25 21:30:18

マシニスト

や、ホントにね。アレですよ。(何)
全然OKだと本気で思ってたわけ。だってアウェイだったし。
次ホームで勝ちゃいいわーって。
でもねー何でしょうねー。嫌なことって続くんですかねー。
雨降るし。まぁ傘持ってなかった自分が悪いんですけど。
今日に限ってピンヒールだし。濡れたタイルで滑ったわよ…。
ストッキング伝染するし。今日に限って黒だったのよ!目立つのよ!

そんな感じで見てきましたマシニスト。
ネタバーレなので未見の人は反転禁止!
他作品のネタバレもあるので十分に気をつけて下さい!


ちくしょー!映画までハズレかよ!今日は散々だわ!
不眠症に悩む男が主人公ということで「ファイトクラブ」みたいだなーと思ってたら
オチまで一緒かい!
途中で「もしかして…」と思ったんだけど、ねぇ。
正確に言うとコッチは二重人格じゃなくて幻覚?になるのかな?
ファイクラは好きなんだけど、これは正直イマイチでした。
クリスチャン・ベイルの減量はスゴイなー役者魂だなーって思ったけど
その話題ばっかりが先行しちゃったのが裏目に出たというか。
内容は面白くなかったです。気味悪い雰囲気はすごく出てたけど。

こういう映画、例えば最近ならSAWとかは『何故こうなったのか?』を
観客に「知りたい!」と思わせないと面白さが激減しちゃうと思うんですけど
この作品に関しては、ほっとんど「知りたい!」とは思えなかったんですね。
トレヴァーが、自分が巻き込まれた状況を把握する為にいろいろ奔走したり困惑するんだけど
それが空回りっつーか、なんかイタイんですよ。少なくとも私にはそう見えた。
睡眠不足だとこんなイタイことになっちゃいますよーっていうのが言いたかったんだとしたら
それに関しては大成功ですけどね。
桜の木を切ったら正直に言いましょう。というお話でした。

私が一番気になったことといえば、あんなに痩せちゃっても性欲はあるのねー。てことでした。
食欲はあんまり無かったみたいだけど。勃つんですかね。
あ、でもスティービーとは身体的というより精神的なケアの繋がりだったのかな。
この映画での痩せたクリスチャン・ベイル、角度によっちゃ
ちょっとアダム・レヴィーンに見え…見えなかった?私だけ?

さて、不眠のお話ということで眠りについて少々。
私自身は眠れないということがほとんどありません。寝るの大好き!
寝不足はあるけど不眠は無いです。EUROの時の寝不足は眠すぎて笑えましたけどね。
眠りに落ちるまでに時間がかかる時はありますが、だからといって別に何もしません。
布団の中でごろごろしてたら、いつの間にか寝てますから。
なんでも食べるし、よく眠るし。赤子かよ(笑)

コメント(2)| Track back(0) | 2005-02-24 22:55:35

I Don't Care

Barcelona 2 Chelsea 1
欧州CL、バルセロナがチェルシーに先勝
アウェイで1-2は問題ナシです。
とは言え、ドログバ〜…。休んどった方が良かったんちゃうん!?

あと、試合見れてないから何とも…ですけど、
なんだかややこしいことになってるみたいですね。
バルサ逆転劇勝…チェルシー監督は会見拒否
JOSE KICKED UP THE BARCA
Kicked up the Barce
ドログバへのカードは不当なものではなかったんですよね?
ちゃっちゃと頭切り替えて、スタンフォード・ブリッジで1-0で勝ちましょう。

にしてもMirrorでの「イングランドのチームが優勝するか?」ってアンケート
Yesの割合が試合後、がっくーんと下がってるのには苦笑い…。

コメント(0)| Track back(0) | 2005-02-24 21:18:05

いざ行かん

昨日の4試合を見ると、ことごとくホームのチームが勝っていますが
昨日は昨日、他所は他所。
怪我人が多くとも、ピッチに立って闘うのは11人に変わりありません。
試合が始まれば一切の言い訳は無しです。
事実上の決勝戦?いえいえ、決勝トーナメントの1回戦です。
5月にアタチュルクのピッチに立つ為の1つに過ぎません。
だって、こんなところで止まってはいられないもの。でしょ?

中継も見れないし、朝も早いので今から寝ちゃいますが
もちろんチェルシーの勝利を信じてますよ。
いい試合になりますように。ではおやすみなさい!

コメント(0)| Track back(0) | 2005-02-24 02:07:03

            
3月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
recent comments
  • /運命を分けたザイル
  • /運命を分けたザイル
  • /運命を分けたザイル
  • /Scissor Sisters@Club Quattro
  • /Scissor Sisters@Club Quattro
  • /Scissor Sisters@Club Quattro
  • /Scissor Sisters@Club Quattro
  • /オンナノコの集い
  • /Scissor Sisters@Club Quattro
  • /Scissor Sisters@Club Quattro
archives
2005年03月
2005年02月
2005年01月
2004年12月
2004年11月
2004年10月
category
Weblog
蹴球ニュース
蹴球あれこれ
Cerezo
映画見ました
映画周辺
BlogList
bookmark
旧ミズイロバケツ
梅田ガーデンシネマ
シネ・ヌーヴォ
第七藝術劇場
シネ・リーブル梅田
テアトル梅田
OS劇場
千里セルシーシアター
Robbie Williams
Adam Butler on the Web
本棚(随時追加)
About
松本カレイが、映画やらフットボールやらについて書いていくページ。とは言うものの、いっちょ噛みなので、いろんなジャンルに手を出すことでしょう。コメント、トラバなど大歓迎です。古い記事でもどんと来い!内緒の話や御用の方はm_karei@ヤフー.co.jpまで。
Favorite


blog top

powered by news handler and seven ten design