カッチョワルイM男

今更ハッキリと書く事でもありませぬが、M男ってやっぱ超カッチョワルイじゃんね? と思ってしまう今日この頃でございます。
変態の分際で生意気にもインターネッツの片隅で、自らのM性を考察する真似事をしてみたり、せっせとコリクツを捏ね繰り回してみたり、いくら一丁前風味な事を述べてみましても、実際のプレイとなれば、たちまちエゴイスティックな一匹のマゾ豚と化して、常人と呼ぶには程遠い破廉恥な姿を貪欲に求めて晒して喜んでいる訳でございますから、Mヲなんてものはやっぱ、所詮は裏街道の隅をトボトボと人目を気にしながらコソコソと進むべき日陰の存在かと思われますです。

てかですね、クラブのプレイルーム等に於いて女王様の前で実際にマゾっている時の姿や行動を冷静に省みてみますとマジ不様でございまして、ヒトとしての説得力なんぞ完璧にゼロでございます。
だってだってM男って、いい大人がマッパで四つん這いになって女王様に尻を差し出しながら指やバイブで穴を掘られてアンアンとヨガり珍棒を勃起させていたりするんですよ?
しかも、そうやって犯していただきながら、惚けたようにトロい顔を晒し、珍棒の先から透明な涎をダラダラと滴らせているんですよ?
そしてそして挙句の果てには自ら珍棒をシゴきだし、そのオナニ姿を女王様に鑑賞していただきながら嘲笑を全身に浴びて喜び、ひとりで勝手にイッて満足しちゃうんですよ?
そんな存在がカッチョイイ筈がございませぬ。
大体がですね、『聖水』とか言いながらヒトの尿を飲んじゃったりしているんですから、人間として終わっております。

ま、ファッションとしての『女王様』若しくは『Mistress』(『ドミナ』でも何でも良いですが)なら、何気に格好良いかもしれませぬが、でもでも、実際にその風景にM男が登場してプレイとなれば全然オサレじゃございませぬし、M男単体となれば、それはもう酷いと申しますか、醜い限りでございます。

by shinnosuke

2005-12-30 | M的雑感 | Permalink

捏造される過去

以前にも「SMプレイは小生にとって演劇のようなもの」みたいな事を書かせていただきましたが、図らずもそれを実証してしまうようなプレイが、たまにございます。
それは、椅子に悠然と座っていらっしゃる女王様の前に跪かせていただいて、その場でヒールを脱いでいただき、そのヒールの中の匂いを嗅がせていただいたりする場面に於いてでございます。
その際、告白プレイのように、「実は中学生の頃から時々、誰もいない下駄箱でこっそりと好きな女の子様の靴の匂いをこうやって嗅いでおりました」などと言って、つい自ら変態性を煽動したりしてしまいますが、ぶっちゃけ、それは作られた過去でございます。
実際の小生は、結構マゾとしての目覚めが遅い方でございまして、甘酸っぱい青春時代の記憶の中に、そのような思い出はございませぬ。
いつから女性様の蒸れたおみ足のスメルに惹かれるようになったのか、その時期はチト定かではありませぬが、大人になってからだという事だけは確実でございます。

でもですね、SMプレイで、女王様の前でそーゆー過去の変態的な行動を告白させていただくと萌えるのは真実でございますし、目の前でヒールやブーツを脱いでいただいて、その中の匂いを嗅がせていただきながら、その姿を冷ややかに見下ろされつつ「よくやるわ…ったく」みたいに呆れられ蔑まれると超盛ってしまうので、どうしようもありませぬ。

しかし、過去の記憶って、結構無意識のうちに捏造しちゃってるような気がするんですよねー。

by shinnosuke

2005-12-29 | M的雑感 | Permalink

海外的女王様画像を巡る旅

インターネットの最大の利点は、なんといっても簡単タダ国境を越える事が出来る所でございます。
ぶっちゃけ、これだけネットが発達していなければ、極東の島国の辺境に棲息する小生のようなM男が海外の女王様の画像や動画を見る機会など殆ど無いかと思われますです。
もし機会があったとしても、海外モノのビデオとかエロ本とかは値段がムチャ高な上に入手が困難でございますし。

という訳で、外国人女王様に萌えがちな小生は、しばしばWebを彷徨いますです。
その際、大抵はどこか基点となるサイトをググル等で探し、そこからリンクをテキトーに辿るというパターンで漂流いたしますです。

で、今回は、下記のブログを基点に、イロイロと探索してみました。

Femdom Reviews

そして、芋づる式に見て行ったのが、下記のリンクサイトでございます。

Girl In Control

New Femdom

Femdom Arena

この手のサイトって、画像をクリックすると別のサイトに飛び、そこにサンプルの画像なり動画なりがいくつか置いてあるというパターンが殆どで、それこそ超たくさん存在する訳でございますが、結構萌ゆるモノが豊富でございます。
てか、海外のサイトですから、勿論どこにもモザイク等が掛かっておりませぬので、男人のイチモツも女性様の秘部もバッチリでございまして、その点も良いです。
例えばコレ(←閲覧注意!)とか。

しっかし、目や肌の色は違っても、世界中で同じような趣味を持つ者達が同じような事をして喜んでいるのって、冷静に考えてみますと結構不思議でございますよねー。
集団ボコり系とか、M男がア○ルを掘られてヨガっていたりとか、顔面騎乗されていたりとか、やっている事は外人も倭人も変わりませぬし。

ちなみにですね、小生的にググッとクルのは、こーゆー系でございます。

by shinnosuke

2005-12-27 | 海外的女性上位 | Permalink

全開セクスィ

とりあえず、安藤ミキ様がなんとか無事に五輪代表に選ばれて良かったですよねー。
テレビ中継の平均視聴率も関東地区で33・7%(関西は26・1)と注目度大だったみたいでございますし!
五輪代表に荒川、村主、安藤 フィギュア女子 / アサヒコム
 日本スケート連盟は25日、来年2月にあるトリノ冬季五輪のフィギュアスケート代表を発表した。活躍が期待される女子は、この日終了した全日本選手権で3大会ぶりの優勝を飾った村主(すぐり)章枝(24)=avex=、同3位の荒川静香(23)=プリンスホテル=、五輪代表選考ポイント争いで首位の安藤美姫(みき)(18)=愛知・中京大中京高=の3人。荒川は98年長野以来、村主は02年ソルトレーク五輪に続いて、それぞれ2度目の出場。安藤は初の大舞台となる。

しっかし、ミキ様ってマジ魅力的でございます。
もうね、あのムチムチバディで、腋も脚もスペシャル・サービスで大全開!
ぶっちゃけ、あれは反則と申しますか、メロメロ・エロエロ光線発しまくりでございましょ?
腋フェチの変態男人にとって、ミキ様の腋は最高レベルかと思われますです。

てかですね、ミキ様って何気にガタイが良いんですよねー。
意外に背はあんま高くないんですけど、上腕から肩に掛けてとか相当逞しい感じで、M男心をムンズと鷲掴みでございます。
ぶっちゃけ、「跪きたい!」と思うのは当然でございますが、同時に「抱かれたい!」とか思っちゃうんですよねー。

ま、とりあえずミキ様のフォトギャラリ〜で、全開セクスィにハアハアしてくださいませ!

しかししかし「美しい姫」と書いて「ミキ」とは、素晴らしいお名前でございます。

by shinnosuke

2005-12-26 | 邪念@mヲ | Permalink

めりくり

聖なる夜、若しくは聖なるその当日に、こんなヘンタイブログを見てくださっている寂しーい皆さま、こばわ。
若しくは、コニチワ。
とりあえず、メリクリ。



イヴの夜、小生は今、眼下に綺麗な夜景が広がる超高層ホテルのシックでクールなスイートで、イカしたナオンとピンク色の高級シャンパンを飲みながら、ガウン姿で愛を語り合ってますけどね!
んな訳ネーダロ。

by shinnosuke

2005-12-25 | M的雑感 | Permalink

官能的なカーブ

小生がこの世で最もエロチックで、男人の妄想をかき立てる官能的なカーブだと思うのは、スタイルの良い美人様のお尻様のラインでございます。
単純に「官能的なライン」なら、適度な太さと逞しさを併せ持つ美人様のおみ脚様かもしれませぬが、「官能的なカーブ」となりますと、やっぱお尻様かと。

しかし、ただ単に尻ならどこからどう見ても良いのか、というと、勿論それでもよろしいのですが、小生にはちょっとしたコダワリがございます。
コダワリと申しますか、お尻様の魅力を最大限に引き出すアングルというものがあると思うんですよねー。
それは「後ろ姿」、それも、しっかりと背筋を伸ばしていらっしゃる姿でございます。
何と申しますか、背中のラインがすーっと下りてきて、腰できゅっとくびれ、そこから俄かにボリューム感のあるお尻様が丸みを帯びつつ膨らんでいく、、、その曲線こそ最高かと思う次第でございます。
例えばコチラとかコチラとか!

てか、もともと小生って肉付きの良い女性様が好きでございますし、特にガタイがよろしくない方でも、大抵の女性様ならお尻様はふっくらしているものでございますので、その肉感がたまらないのでございます。
ほら、痩せていらっしゃる方でも、あんま扁平ケツってないじゃないですか。
大きい・小さいの差はありますけど、総じて女性様のお尻様はふっくらしているかと思われますし、豊かで魅惑的な双丘を目の当たりにすれば、思わずむしゃぶりつき、その割れ目へ突進したくなるのが人情というものでございます。

by shinnosuke

2005-12-24 | M的雑感 | Permalink

真冬の妖精旋風

あの"ロシアの妖精"マリア・シャラポワ様が20日に来日してくださり、日本列島を縦断しながら『Maria Sharapova Japan Tour 2005』で大阪、名古屋、東京と三大都市ツアーを敢行中でございます。
ま、或る意味「小遣い稼ぎ」ツアーかもしれませぬが、チビッコ相手にテニス教室を開いたり(ガキが羨まし過ぎるゾ!)、ファッションショーを開いたり、と魅力大全開中のようでございます。

そして今回のツアーの目玉的話題といえば、やっぱ使用済み携帯のオークションかと思われるのでございますが、ケータイWatchの記事によりますと、なんと落札価格は906,000円らしいですよ!
24日に東京でシャラポワ様御本人から落札者へ直接手渡される予定だそうでございますが、一体どんな人が落札したんですかねえ。
でも、せっかく御使用になられたブツでも、衛生面がドータラコータラとか言って、どうせ進呈前にクリーニングはするのでございましょ?
てか、小生ってかなり疑り深くて捻じ曲がった性格なんで、本当にバリバリ使い倒してくださるのか? という疑念が。。。
ま、鞄に入れて持っているくらいの事は実際にしてくださりそうではございますけど。
でもでも、どうせなら綺麗にしてから渡されるんじゃなくて、フツーに使ってお唾とか飛んだままの状態のブツが欲しい所でございますよねえ。
どんな人が落札したのかは知りませぬが、もしも落札者が男なら狙いは当然ソコかと思うんですけど!

しっかしシャラポワ様って、もはや「妖精」より「女王」の方がお似合いかと思われますけどねー。
"妖精"と呼ぶには、ちとガタイが良すぎてセクスィすぎる気がいたしますです。

by shinnosuke

2005-12-23 | 邪念@mヲ | Permalink

ボーダーラインの再確認

やっぱ小生の中には、M的・フェチ的な対象となりえる女性様に歴然とした年齢のボーダーラインが存在するようでございます。
このところ賑やかなフィギゅア・スケ〜ト界をTVや新聞等で見ておりまして、図らずもそれを再確認させられましたです。

と申しますのも、ほら、現在の女子フィギゅア界には、泣く子も黙る二大アイドルがいらっしゃいますでしょ?
安藤ミキ様と浅田マオ様と!
で、小生的にミキ様はバリバリストライク・ゾーンなんですけど、マオ様はやっはチト外れるんですよねー。
そりゃ、マオ様だって見た目的には充分カワユイんですけど、Mヲ的・フェチ男的に萌ゆる事が出来るかとなりますと、チト無理そうでございます。

で、そう考えてみますと、この両者の中間辺りに、どうやらM男として萌えられるかどうかの小生的ボーダーラインがありそうなんですよねー。

by shinnosuke

2005-12-21 | 邪念@mヲ | Permalink

マクダーナルで

小生はしばしばマクダーナルへ行くのでございますが、マクドってJK様のバイト様とかいらっしゃいますし、それも存外見た目レベルが高かったりするんで、小生はかなり好きでございます。
モスも行きますが、モスはなんとなく男の店員が目立ちますし、女店員様の質もあんま高くないような気がいたしますです。
勿論地域によって事情はそれぞれ違うでしょうけど、小生の行動範囲内にあるマクドとモスを比べますと、女性店員様の質はマックの方が高いです。
高いと申しますか、モスはマジメ系の女性様が多い印象でございます。

で、マックへ行きますと、いつもであれば大抵何かしらのセットを注文するのでございますが、先日は単品で注文してみましたです。
応対してくださった店員様は、JK様かどうかは不明でございますが、カワイイ十代系の女性様でございました。

店員「いらっしゃいませ。こちらでお召し上がりですか?」
小生「いいえ、持って帰ります」
店員「では、ご注文をどうぞ」
小生「ビッグマックとフィレオフィッシュを単品で、あとポテトを」
店員「ポテトのサイズはどうされますか?」
小生Mで……」

なーんか、ぶっちゃけカワイイ店員様を見ながら「Mで」と言った時は、かなりドキドキしちゃいましたよ!

そしてそして、ほらマックって、作っている様子とかカウンターから見えるじゃないですか。
ですから、注文を受けた店員様がバーガーとかを袋に詰めていく様子がよく分かるんですけど、ポテトを紙の容器に入れている時に、その様子を見ながらつい心の中で物欲しげに叫んじゃったんですよねー。

「どうせなら、そこへ入れる前にお唾でペッペッと味付けしてくださると良いのに!」

と!

てか、担当の店員が女性様の場合に限り、プラス100円の追加料金とかで「お唾」のトッピングとか出来るとマジ嬉しくないです?
ほら、チキンナゲットとかだと「バーベキューとマスタード、ソースはどちらにします?」みたいな選択を迫られますが、ポテトの時も、

店員「ポテトに唾はどうされます?」
客 「お願いします」

みたいな会話があると、楽しそうですよねー。
ブサやハバアが担当だったら断れば良いだけですし。
そうそう、だからといってセットメニューの注文とかで、

店員「ドリンクは何になさいますか?」
客 「んー、じゃ、聖水」

なーんていうのは、調子に乗りすぎでございますよ!
大体、聖水でハンバーガーは食べられませぬし。

ま、いずれにいたしましても、衆人環視のカウンターでこーゆー遣り取りをするのは相当勇気が要りそうでございますけどねー。

by shinnosuke

2005-12-19 | 邪念@mヲ | Permalink

エロイユメノキヲク

小生はしばしば夢を見て、割かし朝起きた時に覚えていたりする方なのでございますが、存外エロ系の夢を見る事ってあんまございませぬ。
大抵は意味不明のワケワカラン系の夢ばっかりでございまして(例えばこんな感じとか)、ストーリィ的には支離滅裂なパターンが多いです。
てか、ま、夢なんて大体そーゆーモノでございましょうが。。。

ところがですね、数日前、珍しくエロ系の夢を見たのでございます。
しかも、目が覚めてからも、結構ディテイルまで覚えていたんですよねー。
で、どんな夢かといいますと、三人のギャルっぽい女性様から徹底的に唾責めされている夢でございました。
その三人は、知り合いの誰かではなかったですし、そもそも夢の中のその顔も具体的には全然覚えていないんですけど、小生がベッドかソファみたいな所で仰向けに寝転がっていて、その顔を覗き込むように三人の女性様が小生を取り囲み、これでもか! というくらい徹底的にお唾を吐き捨ててくださっているんですよ。
もうね、ぶっちゃけ最高のシチュでございましょ?
で、勿論夢の中で小生は興奮しまくりながら、ひたすらその唾攻撃を受け続けていてですね、顔中ベトベトになりながら、「オメエ今、センズリしてーだろ?」とか言われて嘲笑われ続けた次第でございます。

しかし結局、イクとかそーゆー場面は無く、お唾を浴び続けている途中で、曖昧なままその夢の記憶は途切れているのでございますが、やけにリアルな夢で、起きた時ミョーに疲労感がありましたです。

一体、何なのでございましょうかねえ、コノユメ。
単なる欲求不満?
いやいや、もしかしたら、予知夢だったりして!
んな訳ねーよナ。。。

by shinnosuke

2005-12-18 | 邪念@mヲ | Permalink



次へ | メイン |