2010-05-04 13:50:11

ダイエットの理想は食べ方をコントロールして太らない身体を作ることにあります。 [ ブログ ]

ダイエットの理想は食べ方をコントロールして太らない身体を作ることにあります。


⇒ 基礎代謝量の多い身体を作る食事メニュー


「食べ方を変える」といっても、良くあるような置き換え食品で食事制限をするわけじゃありません。

むしろ無理な食事制限は、逆に太る体質を作ってしまい、ダイエットとリバウンドを繰り返す原因となってしまうのです!


このモデ痩せで利用しているのは、生理学に基づいて計算された、

ある痩せる体の仕組みを利用しています。

それは、

「細胞のミトコンドリアがTCA回路を使って脂肪さんから生み出すエネルギー量を

 ある特殊な方法で最大限に引き上げ、基礎代謝量を上げることで痩せる」

と言う方法です。


TCA回路について理解しなくては痩せられない?

いいえ、そんなことありません。

小学5年生にだって理解できるようにモデ痩せの仕組みは説明されています。

あなたはそれを読んで、何となく理解して、そして実践するだけです。


めんどうなカロリー制限や果てしない運動に努力する必要はありません。

でも、食事の工夫と言う実践は続けていただかなくてはなりません。

だからこそ根本的なメカニズムを理解して、納得の上でモデ痩せを実践し続けてほしいと思うのです。



おからで元気にスリム

美肌ダイエット

パンドラの箱開いた

Posted by yagami at 2010-05-04 13:50:11 | コメント(0) | Trackback(0)

2010-03-22 11:02:54

二代目ミスマリンちゃんからの秘密のメッセージ [ ブログ ]



⇒ 二代目ミスマリンちゃんからのメッセージ

二代目ミスマリンちゃんの小倉遥さんもこのモデ痩せダイエットプログラムで今のボディラインを維持しています。


モデルトレーナーの安田美和さんが考案した「モデ痩せ」ダイエット

このモデ痩せがなぜ、現役の女優やモデルたちに口コミで広がっているのかわかりますか?

その理由は、ナマケモノでもできるダイエット方法だからです。


こういうと失礼でしたね、あなたの体の仕組み自体を「モデ痩せの体質」に変えてしまうからと言い換えましょう。



モデル専属ダイエットアドバイザーの安田美和さんは、モデルや女優の卵から相談を受けました。


というのも、

食べ物を絞ると肌はあれるし元気はなくなるしで見た目が悪くなります。

運動すると妙に筋肉がついて、モデルとしての評価は落ちてしまいます。

モデルさんたちはダイエット方法の矛盾に悩んでいたのです。


そんなモデルの悩みにこたえるために安田美和さんが目指したのは体のラインを保つためのダイエット、それを目指しています。


彼女が伝える「モデ痩せ」は、あなたがこれまで行なってきたダイエットとは全く違います。

その方法とは、カロリー制限しないで、食べ方を少し変えるだけなのです。


ですがこれだけで新陳代謝が亢進し、早い方なら1〜3週間で明らかにくびれが目立ってきて、体型が変わってきます。

そしてさらにこの方法の特徴ですが、健康によいのです。

どうしてモデ痩せが、いま女優やモデルたちに口コミで広がっているかの最大の理由、

それは、キレイに痩せるだけでなく、お肌も美しくなり、健康になれるからなのです!


⇒ 食べても太らない体質に変える


質の良い減肥茶の中にはこれを助けてくれる成分がけっこう含まれています。

低炭水化物ダイエット

痩せるには食事を変えるだけ


Posted by yagami at 2010-03-22 11:02:54 | コメント(0) | Trackback(0)

2010-03-07 23:00:32

おからを使った食事メニューの優れている点 [ ブログ ]

おからは低価格な貧乏人の食品と言うイメージで、産業廃棄物扱いを受けていた時代もある可愛そうな食べ物でした。

しかしおからには大豆たんぱくの残りや食物繊維など、他の食品にはない栄養が豊富なことに加え、カロリーそのものは低いという特徴があり、ダイエット業界で重宝されています。

さらに、繊維質が多くてで腹持ちが良い、腸内細菌を整えるなど、ダイエット食品としては非常に優れている食材です。


おからは、本来の味がとても淡白なので個性はないのです、つまりどんな料理にも合いやすい食材であると言えます。

甘くに含めて野菜と混ぜたお総菜としてしか認識していない人は多いのですが、様々な調理方法に適応します。

おかずからお菓子まで幅広い献立に応用できることから、ダイエットメニューとして非常に重宝されています。


しかしただ単にカロリーを落とすためだけに使うのではなくて、大豆本来の持つ力にも大いに注目してほしいのです。

大豆サポニンと呼ばれる植物性ホルモンは女性ホルモン用の作用を持ちます。

プエラリアなどと違ってその作用は極めてマイルドなのですが、これをとることで内分泌系がほどよく刺激を受けて、新陳代謝が活発にになることも期待できます。


食物繊維が豊富であることは腸内細菌の活性化にも非常に良い影響をもたらします。

ビフィズス菌などの腸内細菌の中でも善玉菌と呼ばれる細菌たちは食物繊維が大好きです、逆に、悪いこともする大腸菌などは食物繊維が多い食事を続けるとおとなしくなります。

善玉菌が増えることで腸管で有害な細菌の代謝産物が減り、血液も浄化されて新陳代謝も良くなることが期待できます。


新陳代謝を上げることを前提にメニューを作るべきですが、それでもあまりにも太っていて減量した方が良い時、おからはお役立ちです。

癖がなくて食べやすいので、わずかなごはんの量で満腹したい時にはおからを混ぜ込んで炊飯してみてください。

白米だけより食物繊維やミネラル、ビタミンなどの栄養価が高く、それでいてカロリーが低いので通常より多めに食べても大丈夫ですから、食いしん坊さんでも満腹もできます。


でも忘れないで、基本はこれです。


⇒ 基礎代謝量の多い身体を作る食事メニュー



摂取カロリーを減らすことだけ考えるのではなくて、燃やす方が大事です。

皮下脂肪の燃え易い身体に作り上げること、それが最優先であることは忘れないでください。




燃えろ体脂肪!

スリムな人のタイプ別特徴

ダイエットライフの秘密

Posted by yagami at 2010-03-07 23:00:32 | コメント(0) | Trackback(0)

2010-02-26 21:15:23

浅田真央はあくまでも高い到達点を求める修行者のような少女 [ ブログ ]

仕事で視れませんでしたが、録画を見て驚きました。

バンクーバーオリンピックでキムヨナに続いて二位に入り、

銀メダルを取った浅田真央ちゃんがわんわん泣いていました。


録画なのにもらい泣きしてしまいました。


真央、メダルの色よりミスに涙

 終盤の3回転トーループを跳ぼうとした瞬間、浅田の動きが突然止まった。「足に(疲れが)来ていて、引っかかってしまった」。エッジを氷にかけ流れが切れた。その後に跳んだものの1回転にとどまった。金妍児への追撃が終わった。

 それでも大きな足跡を残した。冒頭に入れたトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を2つとも決め、23日のSPと計3回を成功した。もちろん五輪史上初の快挙。「3つ決められたのはよかった」と笑顔が出た。

 浅田は難度の高い技を求めるアスリートだ。自分の限界に挑み、成功できたら素直に喜ぶ。逆に失敗すれば悔しがる。毎年、プログラムの難度を上げる理由は「新しいことに挑戦するは楽しい」からだ。姿勢は五輪でも寸分もぶれなかった。


涙のわけがこのニュース記事を見てわかりました。

なにもキム・ヨナさんに負けたことが悔しいわけじゃない。

自分の狙い通りの演技を演じきれなかった自分に悔し泣き。


それはショートプログラムの終わった後にも表れていたよね。

達成度の高さにぴょんぴょんとびはねて喜ぶ。

後から滑ったキム・ヨナに5点近く離されていたこともなんてことはない。

完全に満足していた真央ちゃん。


自分に厳しく、求めるのはあくまでも最高の演技。


気高い人だなあと思いました。

ダイエットにあくせくしている自分がバカみたい…

とはいうものの、浅田真央ちゃんみたいな綺麗な身体にはほんとに憧れますよね。


手足が細くてきれいな身体

脂肪なく細く美しく

Posted by yagami at 2010-02-26 21:15:23 | コメント(0) | Trackback(0)

2010-02-22 02:16:00

基礎代謝を上げる丼メニュー [ ブログ ]

ごく普通の生活を送りながら、基礎代謝を自然に高めてくれる食事の仕方の話をしました。

具体的には、いったいどんなメニューが燃え易い身体を作ると言うのでしょうか?

燃え易い身体の例としてはダンベルダイエットが流行した頃に一時期流行した丼物が有名です。


ちょっとおぼろげな部分もあるのですが、素材と作り方を書いてみますね。

まず、ご飯ですが、これは玄米ご飯です。

誰がなんと言おうと、玄米ご飯に勝る低炭水化物の穀物はありません。


これに、乗せるのは切干大根をオリーブオイルで炒めて、しょうゆとみりんで薄く甘辛く味つけたもの。

それと、納豆と大根おろしを混ぜ合わせたもの(これは1:1で)。

そこに、適量のトウガラシを加えます。


唐辛子の量は多い方が新陳代謝亢進にはいいのですが、毎日繰り返すと肝臓に負担がかかるので、辛くて食べれないと感じる量の1/3程度までに抑えてください。

おみそ汁はしじみ貝をお勧めします。

これに、ゆでたホウレンソウ、あるいは多すぎない程度のカボチャを薄味でに付けたものをトッピングします。


これだけなんですが、これを一日一回食べます。

飽きてくるので、一週間続けたら次からは二日に一回でもよいです。


これらの食材は食べるだけで新陳代謝を活発にしてくれるので、基礎代謝量がアップして太りにくくなります。

さらに、玄米のGIが低いことから、インシュリンが急激に上がることも防ぐことができて、脂肪の脂肪細胞への取り込みも防げます。


オレンジスイート

好きです♪

脂肪なく細く美しく

ダイエットライフの秘密

ダイエットプログラム開始します♪ダイエットを楽しみましょう♪

Posted by yagami at 2010-02-22 02:16:00 | コメント(0) | Trackback(0)

2010-02-07 15:29:25

日常のごくふつうの生活リズムの中で何も気にせずに食べながら痩せたい・・・。 [ ブログ ]

ダイエットの為に、運動は欠かせないと言われます。

ウォーキングをしている方、多いでしょう、わたしも以前ですが、していました。

半年ほど毎日3km歩き続けたら(一日30分ですね)、なんと6kgの減量に成功しました。


でも、昇進してしまったらめちゃくちゃ忙しくて歩く暇がなくなって、わずか3カ月で元に戻りました。

もともと食べるの好きなのに加えて、残業が遅いと帰ってから夜中にいろいろ食べちゃうからですよね。

痩せてきたころに喜んで買ったMP3プレーヤーも放置していたら電源入れても動かなくなりました。。。


今でも私の家の近所では中高年の方々がウォーキングに励んでいます。

たまには、犬を連れてiPodを聴きながらウォーキングする、ほんとに若い女性の姿も見受けられるようになりました。

いっしょに歩きたいなあ、なんて。。。


仕事が不規則だと、毎日ウォーキングを続けるのは大変です。

効果があるのがわかっているのにできないのはさらに辛い。


・・・と、悩んでいたのですが、いい方法にめぐり合いました。

何もウォーキングなどの運動を毎日する必要がないのです。

毎日の、食事メニューを考えるだけで、新陳代謝のよい、食べてもやせにくい身体に改善することができるのです。


⇒ 食べても太りにくい身体を手に入れる



この方法はモデル事務所のアドバイザーがファッションモデルの体型を維持するために工夫していた食事方法を、一般向けに公開したものだそうです。

女性向けであるかのように聞こえますが、なんのなんの、実は内臓脂肪の多い男性により効果的なのです。


意識せずに、日常の生活リズムの中食事を改善するだけで、燃え易い身体ができます。

この体質改善により、ウォーキングのような有酸素運動で燃やしていた体脂肪を日常生活の運動量だけで燃やすことができるのです。



⇒ 運動の代わりに食事で痩せる身体を作る



運動で体を動かすことは大事なので、ときどき運動することはそれでもなおお勧めですが、この方法「モデ痩せ」は食事改善により、脂肪が燃え易い体質にしてくれます。

しかも、驚くことに食べれば食べるほど、「モデ痩せ」体質になっていくのですからありがたいです。

好きな運動を楽しむ暇がない、日本を支えてい中間管理職の男性にぜひお薦めのダイエット方法です。



ファッションモデルがなぜ細いのか?

細い体型を40代過ぎても維持できる秘密

欲しいのはslimbody

吉永小百合さんの身体を手に入れる

痩せたかったらしっかり食べろ!

Posted by yagami at 2010-02-07 15:29:25 | コメント(0) | Trackback(0)

2010-02-06 02:06:27

食べても太らない身体が理想 [ ブログ ]

食べるの大好きです。

飲み会も大好きです。

運動は学生の頃はしていましたが、だんだん面倒になってきました。

駅の階段もついついエスカレーターを利用します。


・・・当然ながら、学生の頃のスマートなスタイルは遠い彼方へ。

どうしてこうなってしまったんだろうと風呂上がりの鏡に自問。


でも、ダイニングに戻って冷蔵庫を開けると風呂上りのスーパードライ♪

ぷしっ! ぐびぐびぐび。

ごきゅっ! ごきゅっ!

・・・ぷはぁぁぁぁ〜〜〜〜〜っ!


やめられません。


運動しないでやせるにはなにかいい方法があるのではないかと

探索の旅を始めたのです。


  つづく (笑)

Posted by yagami at 2010-02-06 02:06:27 | コメント(0) | Trackback(0)