2004-09-23 12:02:50
[雑記]

合併・ストライキの実りを残せ

 プロ野球球団合併問題は,ライブドアと楽天の参入申請で,なんだか12球団維持の方向で 話がまとまりそうな雲行きになってきた。これだと来季は,実質,大阪近鉄に替わって 仙台ライブドアか仙台楽天のどちらかが加わって,多少の選手の入れ替わりがあって, 結局,「なんだそれだけか」ということになりはしないだろうか。

 この機会に,なるべく多くの課題を解決する,その道筋だけでもつけておいて欲しい。 せっかくこれだけの騒ぎになったのだから,ということもあるし, これだけの騒ぎを起こした根の深い問題(球団経営)がこれで解決された(る)はずがない,ということもある。 そうでないと,きっとまた5年後くらいに同じ騒ぎが起こる。

 まず,球団経営する会社の新陳代謝のルールを明確にしておくこと。 会社の寿命は球団の寿命よりも短い,という前提に立って球団経営者の「選手交替」ルールを, 今回の騒動を機に明確にしておくべきだ。 場合によっては,おたくは球団経営が苦しそうだから,そろそろ退場ですよ, とコミッショナーや他球団から口が挟めるほうが健全だ。

 次に,リーグ全体の適正規模がどれだけかということが世論の納得を得られるように しておくことだ。球団の収支計算,実際の入場者数,そのほかの経営実態を明らかにしておくこと。 そうでなければ,選手の年俸が高すぎるとかいう問題の指摘はあまり説得力を持たない。 それだけ払って引き止めよう(あるいは他球団から奪ってこよう)としたのだから, それでなんとかもとが取れるとの計算があったはずではないかということになる。

 年俸を不足に思ってアメリカの大リーグに行きたいという選手がいたら,そうか頑張れ, といって送り出してやればいい。そうやって,自然に「身の丈にあったサイズ」 を保つ,新陳代謝のしくみを持っていないから,今回のようにある日突然バタッと倒れそうになる。

 選手も,今回,ファンやマスコミとの接点でどういう選手像であるべきか,ということを 考え直す機会になったのではないか。今回,古田のような理が勝った選手が代表だったことが幸いした。 外車を乗り回し,金色のものをジャラジャラつけて,マイクを向けられてもろくにしゃべれない (別に外車に乗っていてもかまわないけれど,要するに「公」の顔を持たない,というのか)選手は これから肩身が狭いはずだ。

 球場に足を運ぼうと思うファンが増えるように,球団はもっと知恵を絞るべきだ。 正直,入場料収入が球団経営にどれくらい寄与しているか知らない。放映権収入の方がウェイトが大きいなら, ライブ中継を見てみたくなるファンが増えるように工夫するべきだ。 私自身は,あの鳴り物入り応援はうんざりで,あれさえなければ球場に行ってみたいと思うのだが, 鳴り物を禁止することはできないだろうか?これは私の個人的な好みかも。

□     □

 それにしても,サッカーのJリーグの組織やしくみというのは,つくづくよく出来ているものだと 今回,感心することになった。発足のときによほどいろいろ議論し,考え,前例(プロ野球も含めて)を よく研究したのだろうと思う。

□     □

 結果,5年後日本のプロ野球は,ちょっとつまらないと思うひとにはつまらなくなったほうがいいのかも知れない。 大物の選手はみな大リーグに行き,選手は少し小粒な良い子になり,球団のスポンサーはコロコロ変わり, テレビの視聴率はどの試合もふだんは視聴率10%も行かず,全体に娯楽としてのスケールは 小さくなるかも知れない。それでも十分,今回の合併・ストライキ騒動の実りが得られたことになると思うのだが。


コメント(0)| Track back(0) |この記事へのリンク
2004-09-22 22:19:59
[雑記]

キャット・スティーブンス米入国拒否される

■ Singer Cat Stevens Denied U.S. Entry, Flight Diverted(04.09.22 Reuters)

Very Best of Cat Stevens [IMPORT] ニュースで,なつかしい名前を見つけました。 キャット・スティーブンス, 70年代の,雨に濡れた朝が最近CMでも流れていたので みんな知っているのではないでしょうか(着メロ試聴)。

音楽活動をやめて,1977年にイスラムに改宗していたらしいのですね。 イギリスのイスラム社会に属していて,政治的には穏健な人物だったはずだとも言われていますが, なぜか要注意人物リストに名前が挙がっていたため, ロンドンからワシントンに向かう途中拘束され,強制退去処分になるそうです。

テロの厳戒が常態化しつつありますが,こうして渡航の自由が制限されるケースを目にすると, それに見合う分だけ「本当に危険な人物」も効果的に警戒の目にかかっているのだろうか,と 少し心配になりますね。

コメント(0)| Track back(0) |この記事へのリンク
2004-09-21 21:20:10
[雑記]

小便小僧

小便小僧 浜松町駅の小便小僧。お祭りモードでした。

参考:寒かった頃の小便小僧(今年2月24日)。


コメント(0)| Track back(0) |この記事へのリンク
2004-09-20 20:51:53
[ことば]

ひとの不幸は...

 「ひとの不幸は蜜の味」などと(まあ普通は冗談で)言ったりしますが,ズバリそのもの, 他人の不幸から来る喜び,というのを単語1つで表す言葉(名詞)があるのを初めて知りました。

 Schadenfreude(シャーデンフロイデ)という,ドイツ語のschaden = 損害, freude = 喜びを合わせた言葉で, そのまま英語にも取り入れられているそうです。 英和辞典にも載っていました。
[ Wordsmith.Org: A Word a Dayより。]


コメント(0)| Track back(0) |この記事へのリンク
2004-09-20 14:30:24
[雑記]

仲人激減

■「仲人」立てたカップル激減(04.09.13毎日新聞)

仲人を立てて結婚したカップルは,3年前にはまだ18.2%と2割ほどいたのに,今年の調査ではたったの4.6%しかいなかったのだそうだ。リクルート「ゼクシィ」が発表した調査結果。 このへんの傾向は,そういえば最近ひとの結婚式に呼ばれることが少なくなったので,気がつかなかった。

このぶんではわが子の世代は,「仲人(なこうど)」の読みもわからなくなるかも知れない。[追記: 息子に聞いたら意味も知らなかった....死語になるね,こりゃ。]

自分のときも仲人というものをあえては立てなかったが,当時はまだ仲人を立てるほうが一般的だった。 仲人をしてくれた人が取締役に出世したりすればちょっと鼻が高そうだったり, 仲人の回数を自慢する部長らもいた。

モーツァルト:歌劇「フィガロの結婚」 昔で言えば仲人をしてもおかしくない年になってみても,自分に頼んできそうな者はいない。 たとえ頼まれても,あまり責任は持てないので,こちらだってちょっと遠慮したい。 リクルートは「終身雇用の揺らぎ」と説明しているが,そういうものだろうか。 会社(社会)での人と人との距離感じたいがすっかり,しかも急激に,変わったのかも知れない。

コメント(2)| Track back(0) |この記事へのリンク
2004-09-19 23:31:48
[雑記]

学園祭

 息子の高校の学園祭に行った。

 高校生の若い子たちが思い思いの出し物を披露し,父兄たちにも「見に来てくださーい」と 声をかけてくれるのは,まぶしく,くすぐったいようでもあるが,悪い気がしない。

 感心したのはダンス部の演技。いま若い子の間で,ショウダンスを踊ることの人気は 相当高いのだと実感した。振り付けや構成の独創性,ストーリー性などはなかなかのもの。 なにより,すでに「人に見せ楽しませる」ということを十分意識して,作り上げている ところがすごい。
 おじさんの発想だが,このステージを見ながらお酒が飲めれば,十分お金が取れると思った。
 全国大会にも出場したそうだが,全国的にダンスの技能も,構成力も,多様性も相当レベルが上がっているのではないかと思った。

 いっぽう器楽部の演目は,今上映中のスウィング・ガールズを意識した,古い ビッグバンド・ジャズの演目が中心。これは少し残念に思った。 ウォーターボーイズ(男子のシンクロ)も,元は川越高校水泳部がやったのをテーマに 映画やテレビが「後追い」したのであって,今はそれをまたさらに「後追い」する 高校生が多いと聞く。それも悪いとは言わないが,高校生の発想やエネルギーは 今の映画やテレビを時としてはるかに超えるのに,映画やテレビの流行り を追いかけるのではもったいないと思うのだ。

 最近の若い子がわからないという人は,一度学園祭の喧騒の中に飛び込んでみたほうがいい。


コメント(2)| Track back(0) |この記事へのリンク
2004-09-19 11:18:53
[雑記]

父親アンケート

 ある企画を立てている友人から、「思春期の子を持つ父親としてどんなことが気がかりか?どんなことが知りたいか?」というコメントを求められました。以下は、少し考えて、私が返した返信。文章は少し変えてあります。

□     □

 以前、君も書いていたけど、「思春期」の問題は昔と違って「長く」「幅広く」なっているよね。 不安定で,親としては心配な時期,という意味は変わらないけど,その時期は小学校から, どうかすると二十歳を超えた年頃までが含まれる。 それに今は,単に進路や恋の悩みが主題の季節ではなくなってきている。 「思春期」という言葉自体に見直しが必要なのかも知れないね。

 父親として気がかりなのは,第一に「犯罪にまきこまれないこと」。これが絶対。 それだけでもいいくらいだけど,第二,第三を挙げるなら,「どんな友だちづきあいをしているか 知りたい」,最後に「興味を持っていること,好きなこと」というところかな。
 これはどこの父親に聞いても 同じような答が返ってくるんじゃないかな。

 こうしてみると,昔に比べて今の親の子に対する「期待値」は ずっと低くなっているのかも知れないね。 犯罪にまきこまれさえしなければ,普通の社会性を備えてくれさえすれば, と考えるなんて。昔のように,立身出世など期待しない。 もちろん息子や娘の「幸せ」を望む気持ちは,今も昔も変わらないけど, じゃあ幸せになれる「立身出世」の道がどんな道かは,簡単には言ってやれない。....

 ちょうど,東京で詐欺に合いそうになっていた女子大生の娘を救うため, 父親が青森から夜通し車を飛ばして助けに行った というニュースがあったよね。 どこの父親だって,いざわが子がそういう目に合ったらオレだってそれくらいの覚悟はあるぞ, ということは息子や娘に伝えておきたいよね。....

□     □

 他にも書きましたが,きょうはこんなところで。


コメント(0)| Track back(0) |この記事へのリンク
2004-09-17 22:29:01
[雑記]

スト決行

■プロ野球選手会、初のスト決定(04.09.17 22:30読売新聞)

 結局、ストライキは行われることになった。明日18日は交渉の予定がなく、19日も ストライキとなるらしい。娘の初観戦は、おあずけか。

 日本プロ野球機構側、瀬戸山代表が読み上げた声明全文。

 古田選手は、原稿を見ず、ファンへの謝罪から会見を切り出した。
 謝るな!胸を張れ!

 プロ野球選手会のスト決行のお知らせ。

[04.09.18追記]
星野仙一さん(04.09.17)
....なにひとつ動かんで、いざストになったらわたしは辞めます、としかいえないコミッショナーの発信が今の野球界をまさに象徴しているように思う。ストに踏み切ったわけだから、ストに踏み切らせてしまったわけだから、残るのはさらに核心に触れた突っ込んだ話し合いしかないはずだ。選手会に対してよりも、今は経営者側に繰り返していっておきたい。もっと時代と世の中とをよく見渡しなさい、変化の危機に敏感になってもっと広く考えてみなさいと。解決の糸口はそこにしかないと思っている。


コメント(0)| Track back(0) |この記事へのリンク
2004-09-16 23:08:35
[雑記]

図書館のレファレンスサービス

調布にお住まいのTompeiさんの公立図書館のオンライン化についての記事(葉桜日記)にトラックバック。

杉並区区立図書館もオンラインのサービスが充実していて、 蔵書検索、予約・貸出状況照会などができる。調布は予約取消や貸出延長などもできるらしいから 調布のほうがわずかに充実しているのかも知れない。
 でも、確か区民1人あたりの蔵書数では、杉並区は有数の充実ぶりだったはずだ。

 気になっていて、一度利用してみたいのが(調布にもあるらしいのだが) レファレンスというサービス。 図書館の「プロ」がいろいろな知識の宝庫への水先案内をやってくれるらしい。 「こういう事柄・人物について知りたいのですが」など。ただし、
【お受けできないもの】
☆ 学校の宿題、クイズ(懸賞問題)、資料の解読、法律、人生、医療に関する相談、古文書・美術品の鑑定などはおこたえできません。
調布市立図書館のレファレンスサービスでも、ほぼ同じ注意書きがある。 こういうの、頼んでくる人がいるんだろうなあ。

なにか、このレファレンスサービスを使って役に立った例──実利になったかどうかは別として、 依頼者が満足そうな顔をして帰っていった例──を紹介してくれたら、もっと利用してみたいことが 思い浮かびそうな気がします。
というか、この依頼と回答を集めただけで、ちょっとした面白い雑学本が作れそうなんだけど。


コメント(3)| Track back(0) |この記事へのリンク
2004-09-16 21:49:04
[外環青梅街道IC問題]

練馬区長の定例会所信表明

 15日始まった練馬区議会第三回定例会での、志村区長の所信表明より。 外環整備に関する部分。

 外環の整備に関しましては、事業者である国や、都市計画決定権者である都に対する働きかけを 強めるため、本年6月、外環整備に関する区としての取り組み方針案を整理いたしました。 また、この内容を区民の皆様に広くお知らせし、区民の皆様のご意向を把握するため、アンケート調査を実施いたしました。
 (中略)
 今後、アンケート調査の結果や、説明会などでいただいた区民の皆様のご意見を 参考にしながら、区としての取り組み方針を早期に取りまとめ、計画の実現に向けて 国や都に対して働きかけを行ってまいります。
(リンク、下線は筆者)
6月の「区の方針案」──大深度地下+目白IC+青梅街道IC+地上部街路整備── はあくまで「整理」しただけのもので、 本当の「取り組み方針」は今後「早期に取りまとめ」る、と含みを残したように見えます。
アンケート結果や説明会では、十分な賛同や合意が得られたとは判断できなかったので、こういう慎重な発言 にとどめるしかなかったのでしょうねえ。


コメント(0)| Track back(0) |この記事へのリンク

前のページへ|メイン|